週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

iPhoneでうっかりSiriが起動してしまわないようにする方法

2022年01月10日 10時00分更新

 声だけでiPhoneを操作したり、機能やアプリを起動させたりできる音声アシスタント「Siri」。事前に設定しておけば、ホームボタンかサイドボタンの長押しで起動できますが、意図せず起動してしまうことがありませんか?

 そんなときは一時的にオフにしておくといいでしょう。

 やり方はカンタン。設定から「Siriと検索」を選択し、「“Hey Siri”を聞き取る」と「サイドボタンを押してSiriを使用」という2項目をオフにします。

 すると「Siriをオフにする」かどうかを聞かれるので、その項目をタップすれば操作は完了です。変なタイミングで起動してしまわないようにしましょう。

■関連サイト

筆者紹介:金子 麟太郎

 

 14歳の頃から、パソコンやタブレットで作曲する。CD制作にも取り組むうちに、機械にも興味を持ち、2016年(20歳)からITに関連する企業を取材し、記事を執筆する活動を始める。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう