週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

CPUはもちろん14コアのCore i「P」シリーズ搭載です!

Dellがデザイン一新した未来型モバイルノート「XPS 13 PLUS」発表 = 14コアの「i7-1280P」搭載でタッチパッドはどこだっ!?

2022年01月05日 03時00分更新



 DellはCES2022にて、日本時間1月5日3時に、ノートPC「XPS 13 Plus」を発表した。完全な新デザインで、インテルの12世代コアの28Wプロセッサーを搭載した最強のXPS13である。

2022年のモバイルノートはこうなる!
「XPS 13 Plus」 (9320)

 新しいXPS13 PlusはCPUに12コアのi5-1240P、i7-1260P、i7-1270P、そして、14コアのi7-1280Pを搭載する。

 メインメモリーはLPDDR5の8/16/32GB(5200MHz)を搭載、ストレージはPCIe3x4の256GBから、PCIe4x4の2TBまで選択可能だ。

 ディスプレーは13.4インチの16対10比率で、1920×1200ドット(500nit)のタッチとノンタッチ、3456×2160ドット(400nit)の有機EL、3840×2400ドット(500nit)のタッチの4種類が用意されている。

 キーボード面のデザインも新しく、タッチパッドの境界がない。キーは両端まであり、キートップに隙間はない。ForcePadはストローク1ミリのハプティック式。電源ボタンは指紋センサー内蔵だ。

 インターフェースはDisplayPortとPower Delivery内蔵のThunderbolt 4×2のみで、タイプCとタイプAの変換アダプターを同梱する。ACアダプターは60W出力のタイプCで、バッテリーは55Whを内蔵する。

 スピーカーは合計8Wの4スピーカー構成で、Waves MaxxAudio ProとWaves Nx 3Dに、2つのマイクはWaves MaxxVoiceの認証を得ている。

 無線はIntel Killer Wi Fi 6E 1675 (AX211) (2x2)に、Bluetooth 5.2を内蔵。ボディーカラーはグラファイトとプラチナの2種類で、サイズは295.3×199.4×15.28ミリ、重量は1.24キロ。米国での価格は1199ドルからで、春に出荷の予定である。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう