週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

次第に形をなくしていくんです

話題のひとり鍋「クマちゃん温泉」渋谷にオープン かわいいけど衝撃的!!

2021年12月22日 17時00分更新

文● ナベコ 編集●ASCII

蕩けるクマを見ながら……

 北海道発の可愛らしい“ひとり鍋”専門店が東京に初進出しました。東京・渋谷に「北海道めんこい鍋 くまちゃん温泉」が12月10日にオープン。

クマちゃんが溶けて鍋のスープになる

 鍋は必ず一人前のセットで用意。食物繊維とコラーゲンでかためた“クマちゃん”は溶かしていくとトロトロの鍋のスープになります。徐々にスープに浮かぶようになるクマちゃんの様子は、まるで温泉につかっているかのよう。野菜やお肉は北海道産のものを売りにしています。選べる〆まで付いた鍋セットは2600円から。

 一番のオススメは「北海道産 特選めんこいセット」(2980円)だそう。牛肉、豚肉、鶏肉、鶏つくねの4種のお肉と彩りがよい野菜がついたセット。スープは豆乳スープ、鰹だし、担々スープなどから選べます。味によってクマちゃんの色が変わるので写真映えを考えて見た目で選ぶ人も多いでしょう。鍋セットはいずれも〆として水餃子、ラーメン、トッポギのいずれかを選んで付けられます。

「北海道産 特選めんこいセット」のお肉

野菜。紅芯大根やミニトマトなどオシャレなものも入っている

 つけだれや調味料はバイキング形式でよりどりみどりにとってこれます。醤油ぽん酢、ゴマダレなど定番のたれから、はちみつレモン、スープカレーソースなどユニークなものもありました。ラー油、唐辛子、ガーリックオイルなどあるので辛いもの好きにとっても心強いです。

つけだれバー

ガーリックオイルなどを足せる

おろしやネギなどもとり放題

 わたしは「北海道産 特選めんこいセット」を担々スープでいただいてみました。刺激を求めてガーリックオイル、唐辛子をたっぷりかけかけ。スープ自体がそこまで味が濃いわけではなく、風味を足していってもけっこうイケます。辛みを増した担々スープにお肉をくぐらせてはちみつレモンで食べると甘×辛のバランスがいい具合でした。

だんだんクマちゃんがいなくなっていく

 食べていて気付いたことにスープがとろとろ。とんすいによそってさめると固まるのも早いです。それだけコラーゲンたっぷり入っているのでしょう。お肌にもよさそうで、女性から好感を得られそうです。

 “ひとり鍋”ではありますがひとりでフラッと訪れるより、友人方と一緒にきて写真撮りながらわいわい楽しむのがしっくりきそうなお店。今のご時世、鍋といっても完全にひとり仕様なのが安心できます。

 もちろんひとりで来るのもアリ。蕩けていくクマちゃんと対話しながら鍋を突っつく。今年の憂きこと、幸せだったこと。店員さんにお話をきいたところ、クマちゃんは頭部が重く絶妙なバランスで座っているため、ひとたび熱を入れるとよっぽどの確率でキレイに溶けていくことはありません。すってんころりん倒れたり、一部がもげしまったり、見ているといろいろな思いが込みあがってきます。次第に形をなくしていくクマちゃんに話しかけてみましょう。そうだ、もちろんお酒も頼めますよ。

「小樽ラガー」おいています

鍋の味によってクマちゃんの色が違う

店内は北海道の自然を表現。ウッディな装飾をしている


「北海道めんこい鍋 くまちゃん温泉 渋谷宮益坂店」
住所 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-8-10 2階
公式Instagram:kumachan_onsen_shibuya

ナベコ

酒好きライター、編集者。酒活動しています。「TVチャンピオン極~KIWAMI~ せんべろ女王決定戦」に参戦するなど。ホットカーペットが気持ちよすぎて床で寝おちして朝陽で気が付く日々。せっかく年始におろしたパジャマを着ないと……。
♪アスキーグルメでおいしい情報配信中♪

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう