週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

アルマイト処理を施したアルミニウム製の大型ヒートスプレッダを採用

CORSAIRのDDR5-5200MHz駆動メモリー「DOMINATOR PLATINUM RGB」を試す! 安定動作で鮮やかなRGBも魅力

2021年12月23日 11時00分更新

文● 松野将太 編集●八尋/ASCII

「DOMINATOR PLATINUM RGB DDR5」

 インテルが11月に販売を開始した第12世代Coreプロセッサー(コードネーム:Alder Lake)が好調な滑り出しをみせている。2種類のCPUダイを組み合わせたハイブリッド設計や、競合AMDのRyzenシリーズを多くの点で上回る性能の高さなどが話題を呼び、新チップセットを搭載したZ690マザーボードともども、売り上げの面でも好調のようだ。

 第12世代Coreプロセッサーの大きな特徴の1つが、次世代規格となるDDR5メモリーへの対応だろう。従来使われてきたDDR4メモリーに比べ転送レートが大幅に向上しているといった特徴があり、現在は各社からモジュールが次々とリリースされ始めている状況だ。

 まだまだ普及段階のDDR5メモリーだが、いち早く市場に製品を送り出したメーカーの1つが「CORSAIR」だ。今でこそCPUクーラーやPCケース、ゲーミングデバイス、周辺機器など多種多様なデバイスを販売しているCORSAIRだが、もともとは2000年代前半にメモリーモジュールの生産で名を上げたメーカーでもあり、メモリー製品の品質には定評がある。自作歴が長いユーザーであれば、同社のメモリーにお世話になったことがある、という人も多いだろう。

 今回、そんなCORSAIR初のデスクトップPC向けDDR5メモリー「DOMINATOR PLATINUM RGB DDR5」を借りることができた。現在販売されているDDR5メモリーの中でも、高速なDDR5-5200駆動をオーバークロックでサポートする製品ということで、注目度は高いはずだ。今回は、DOMINATOR PLATINUM RGBの外観や特徴、実際の性能などをチェックしていこう。

試用したDOMINATOR PLATINUM RGB DDR5のスペック
Fan Included No
Memory Series DOMINATOR RGB DDR5
Memory Type DDR5
PMIC Type Overclock PMIC
Memory Size 32GB (2 x 16GB)
Tested Latency 36-38-38-74
Tested Voltage 1.25
Tested Speed 5200
Memory Color BLACK
LED Lighting RGB
Single Zone/Multi-Zone Lighting Dynamic Multi-Zone
SPD Latency 40-40-40-77
SPD Speed 4800MHz
SPD Voltage 1.1V
Speed Rating PC5-41600 (DDR5-5200)
Compatibility Intel 600 Series
Heat Spreader Anodized Aluminum
Package Memory Format DIMM
Performance Profile XMP 3.0
Package Memory Pin 288
この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう