Notice: Undefined variable: list in /home/www/weekly.ascii.jp/models/common.php on line 153
ソニー「α7Ⅳ」実機レビュー = α1と7Rと7Sの良いとこ取りした究極のカメラだった! - 週刊アスキー

週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード
ASCII Power Review

第157回

ベーシックではなく上位モデルですよこれは

ソニー「α7Ⅳ」実機レビュー = α1と7Rと7Sの良いとこ取りした究極のカメラだった!

ISO感度別に撮影した画像の一部を拡大して比較上段左上からISO1600・ISO3200・ISO6400・ISO12800・ISO25600・ISO51200・ISO102400・ISO204800。使用レンズFE 24-70mm F2.8 GM・絞りF5.6・ホワイトバランスオート・Dレンジオプティマイザーオート・クリエイティブルックスタンダード・レンズ補正すべてオート・ノイズ処理標準。

ISO6400で撮影。この程度の感度なら安心して常用できる。使用レンズFE 24-70mm F2.8 GM・絞りF2.8・シャッタースピード1/125秒・ISO6400・ホワイトバランスオート・Dレンジオプティマイザーオート・クリエイティブルックスタンダード・レンズ補正すべてオート・ノイズ処理標準。

ISO12800で撮影。イルミネーションを際立てるため絞り気味に。本来は三脚を使うのが理想だが、最近は使用不可の場所がほとんどなので、高感度が役に立つ。使用レンズFE 24-70mm F2.8 GM・絞りF11・シャッタースピード1/8秒・ISO12800・ホワイトバランスオート・Dレンジオプティマイザーオート・クリエイティブルックスタンダード・レンズ補正すべてオート・ノイズ処理標準。

ISO25600で撮影。暗い夜の公園なのでシャッタースピード1/4秒だったが、手ブレ補正のおかげでブレは目立たない。使用レンズFE 24-70mm F2.8 GM・絞りF11・シャッタースピード1/4秒・ISO25600・ホワイトバランスオート・Dレンジオプティマイザーオート・クリエイティブルックスタンダード・レンズ補正すべてオート・ノイズ処理標準。

ISO51200で撮影。さすがに細部の解像が喪失気味だが、それでもレンガの質感は残っている。使用レンズFE 24-70mm F2.8 GM・絞りF11・シャッタースピード1/60秒・ISO51200・ホワイトバランスオート・Dレンジオプティマイザーオート・クリエイティブルックスタンダード・レンズ補正すべてオート・ノイズ処理標準。

ISO102400で撮影。拡張感度だが、この程度の画質を保持してくれるのなら十分に実用的だ。 使用レンズFE 24-70mm F2.8 GM・絞りF4 ・シャッタースピード1/125秒・ISO10 24 00・ホワイトバランスオート・Dレンジオプティマイザーオート・クリエイティブルックスタンダード・レンズ補正すべてオート・ノイズ処理標準。

リニューアルされた大口径望遠ズームの「FE 70-200mm F2.8 GM II」。手にすると見た目のサイズに反した軽さに驚く。

使用レンズFE 70-200mm F2.8 GM II・絞りF2.8・シャッタースピード1/2000秒・ISO100・ホワイトバランスオート・Dレンジオプティマイザーオート・クリエイティブルックスタンダード・レンズ補正すべてオート。

使用レンズFE 70-200mm F2.8 GM II・絞りF2.8・シャッタースピード1/1600秒・ISO100・ホワイトバランスオート・Dレンジオプティマイザーオート・クリエイティブルックスタンダード・レンズ補正すべてオート。

Ⅳは後継機ではなく、α7Ⅲの上位モデルだ

 今回は「α7Ⅳ」とともに11月26日に発売されたばかりの「FE 70-200mm F2.8 GM II」(33万円)も試用した。定番の大口径ズームの2代目で外観はあまり変わらないが、重量が1480gから1045gと大幅に軽量化した。

 更に最短撮影距離も40(70mm)~82(200mm)センチと近寄れるのも嬉しい。画質はキレのあるシャープな描写で、「α7Ⅳ」との組み合わせでは、まるでローパスレス機のような解像感が楽しめる。決して安くはないが画質スペック共に魅力的なレンズだ。ただし現在品薄中で入荷まで2~3カ月かかるらしい・・気長に待とう。

 最初「α7Ⅳ」は「α7Ⅲ」の後継機だと思っていた。しかし実際に使ってみるとボディーの造りや画質は上位モデルといえるだろう。そう考えると「α7Ⅲ」とは約8万円の価格差があることも納得できる。

 また「α7Ⅲ」のスペックや画質もまだまだ十分現役で、なによりお買い得(最近値下げされた!)。「α7Ⅳ」の登場によってさらに幅が広がったαシリーズのラインナップ。選択肢が増えたのはユーザーに嬉しい悩みだ。

使用レンズFE 70-200mm F2.8 GM II・絞りF2.8・シャッタースピード1/500秒・ISO100・ホワイトバランスオート・Dレンジオプティマイザーオート・クリエイティブルックスタンダード・レンズ補正すべてオート。

使用レンズFE 70-200mm F2.8 GM II・絞りF5.6・シャッタースピード1/500秒・ISO100・ホワイトバランスオート・Dレンジオプティマイザーオート・クリエイティブルックスタンダード・レンズ補正すべてオート。

使用レンズFE 70-200mm F2.8 GM II・絞りF2.8・シャッタースピード1/1600秒・ISO100・ホワイトバランスオート・Dレンジオプティマイザーオート・クリエイティブルックスタンダード・レンズ補正すべてオート。

使用レンズFE 70-200mm F2.8 GM II・絞りF2.8・シャッタースピード1/160秒・ISO100・ホワイトバランスオート・Dレンジオプティマイザーオート・クリエイティブルックスタンダード・レンズ補正すべてオート。

使用レンズFE 70-200mm F2.8 GM II・絞りF2.8・シャッタースピード1/5000秒・ISO3200・ホワイトバランスオート・Dレンジオプティマイザーオート・クリエイティブルックスタンダード・レンズ補正すべてオート。

 
この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう