週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

1型センサーの恩恵はどれほどあるのか? Xperia PRO-Iのカメラ性能を検証

2021年12月14日 10時00分更新

 スマートフォンで本気の写真や動画を撮影をしたい! そんなユーザーの要望を具現化したモデルがソニーから発表された、1型のイメージセンサー搭載の「Xperia PRO-I」だ。発売は12月15日で、価格は直販サイト(ソニーストア)で19万8000円。今回テスト機を借りられたので実機レポートをお届けする(ただし、一部機能制限あり)。

12月15日発売予定の「Xperia PRO-I」

1型センサーのカメラ性能は抜群

 Xperia PRO-Iのポイントは、なんといっても背面の広角カメラに1型イメージセンサーを搭載していること。1型イメージセンサー搭載スマホといえば、古くは2014年にパナソニックから発売された「LUMIX CM1」があり、今年に入ってシャープが「AQUOS R6」とこれをベースにしたライカの「LEITZ PHONE 1」が発売されている。いずれも写真撮影にフォーカスしたモデルだ。

本体背面カメラのうち、広角カメラは1型センサーを採用

本体右側面。4辺はスリットが入ったデザイン

シャッターボタンとその隣にショートカットキーを配置

左側面にはストラップホールがある

本体上部にはイヤホンジャック

本体下部にはUSB Type-C端子があり、HDMI入力端子はない

 これらのモデルとXperia PRO-Iの違いは、トリプルカメラ仕様なこと。背面のメインとなるのは1型センサーを使った広角(24mm、約1220万画素、F2.0 or F4.0)に加えて、超広角(16mm、約1220万画素、F2.2)と標準(50mm、約1220万画素、F2.4)という組み合わせになっている。

上から超広角、広角、標準の組み合わせで、3D iToFセンサーも搭載

 また24mmの広角は可変絞りになっており、F2.0とF4.0を切り替えて撮影可能。カメラアプリに用意された切り替えボタンをタップすると、レンズ内が変化しているのがわかる。

F2.0の状態

F4.0の状態

 絞りを切り替えることで、背景をしっかりとぼかしたいときはF2.0、背景もある程度描写したい場合はF4.0といった具合に、ボケを機械的にコントロールできるようになる。

BASICモードでは、倍率の下のほうに絞りを切り替えるボタンを配置

BASICモード以外でも、広角(24mm)使用時は絞りの切り替えが可能

 ただしカメラアプリの「Photography Pro(以下Photo Pro)」に絞り優先モードが用意されているわけではなく、あくまで広角レンズ使用時に切り替えボタンが用意されているだけだ。

F2.0で撮影

F4.0で撮影

F2.0で撮影

F4.0で撮影

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう