週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

「きずなキッチンプロジェクト」の放送第2回!

ふるさと納税返礼品を使った激ウマどんぶりを、つばさとナベコが作ります!

2021年11月26日 11時00分更新

食欲の秋に楽しみたい最高の“どんぶり”たち

 読者の皆さん、“どんぶり”はお好きですか? あったかいご飯に好みの具を乗せて、一気に書き込んで食べるどんぶりは最高ですよね。

 どんぶりとひと口に言ってもさまざまですが、ここで紹介したいどんぶりがあります。宮崎牛の炙り丼、いくらサーモンの親子丼、みつせ鶏のどぶ漬け丼……聞いているだけで、よだれが出てきそうな名前の丼ですよね? もっといきましょう。蟹の甲羅まるごと丼、車海老と黒豚天の二色丼、はりはり釜揚げしらす丼に恐竜さばカレー。

 何やら、どれも個性的で美味しそうなどんぶりですね。これらはすべて、ふるさと納税アプリ「ふるる」で実施している「きずなキッチンプロジェクト」の第一弾「きずなどんぶり」のレシピなんです。

食欲の秋、絶品どんぶりで食欲を満たしましょう

 コンセプトは、自治体の返礼品を使ってどんぶりをプロデュースするというもの。上に名前を挙げたどんぶりも、それぞれ、各自治体イチオシの食材を使ったどんぶりになっています。

 私たちアスキーも、この「きずなキッチンプロジェクト」を全力で盛り上げるべく、全6回の生放送をお届けしています。放送の第2回となる今回も、同じ玉置泰紀(元ウォーカー総編集長、2代目九州ウォーカー編集長)、つばさ(アスキーチャンネル メインMC)、ナベコ(アスキーグルメチーム)がMCとなって番組をお届け。

 前回はそれぞれ“推し”のどんぶりを紹介するという内容でしたが、今回は実際にレシピを作ってみるという放送内容になっています。つばさ、ナベコがどのメニューをピックアップするのか、そして、どんなどんぶりが出来上がるのか? ぜひ見届けてください!

どんなどんぶりが出来上がるのか、ぜひ見届けてください!

投票して応援! 作って応援!
「きずなキッチンプロジェクト」に参加してください!

 また、「きずなキッチンプロジェクト」には、読者、視聴者の皆さんも参加していただけます。

 参加方法としては「応援する」と「作ってみた」の2通りが用意されていて、「応援する」は、10個のどんぶりレシピから、応援したいレシピを選んで投票するというもの。

 応募はアプリの特設コーナーから、気になるどんぶりを選んで「この丼を応援する!」をタッチするだけと非常に簡単です。レシピだけでなく、使用するや返礼品、作り方の動画、自治体からの応援動画などもチェックできるので、ぜひ推しのどんぶりに投票してくださいね!

応援したいどんぶりに投票してください!

 「作ってみた」企画については、期間中にきずなどんぶりを作ってTwitterに投稿すると、ふるるオリジナルの「金のどんぶり」が抽選で当たります! 日頃からお料理をしている人はもちろん、ふるさと納税の返礼品を受け取る予定があって、これを機に挑戦してみようかなという人も、どんどん投稿してください!

 「ふるる」は、ふるさと納税を使って家族や大切な人に「ありがとう」を届けよう、をコンセプトに、6月28日にリリースされたばかりのふるさと納税アプリですが、ふるさと納税の返礼品をギフトとして、家族や友人など送ることもできます。

 自治体の食材を使って美食を楽しみつつ、地域を応援することにもつながるこの企画。ぜひ放送を楽しんでいただくとともに、皆さまの参加もお待ちしています!

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう