Notice: Undefined variable: list in /home/www/weekly.ascii.jp/models/common.php on line 153
SIGMA「Iシリーズ」単焦点レンズ6本試用レビュー = 気になる高性能&コンパクトレンズを一気に使ってみた[前編] - 週刊アスキー

週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード
ASCII Power Review

第146回

24mm F2 DG DNに24mm F3.5、35mm F2、45mm F2.8、65mm F2、90mm F2.8の6兄弟です

SIGMA「Iシリーズ」単焦点レンズ6本試用レビュー = 気になる高性能&コンパクトレンズを一気に使ってみた[前編]

(各レンズ絞り開放で、周辺光量補正オートとオフを撮り比べ。多少光量低下を残して補正していることがわかる。50%縮小のうえ掲載。クリックで実寸表示)

24mm F2 DG DN周辺光量補正オート(左)と補正オフ(右)

24mm F3.5 DG DN周辺光量補正オート(左)と補正オフ(右)

35mm F2 DG DN周辺光量補正オート(左)と補正オフ(右)

45mm F2.8 DG DN周辺光量補正オート(左)と補正オフ(右)

65mm F2 DG DN周辺光量補正オート(左)と補正オフ(右)

90mm F2.8 DG DN周辺光量補正オート(左)と補正オフ(右)

 回折のオンオフや周辺光量は、RAWで撮影しておけば現像時に変更が可能なので、自分好みに仕上げたい人はRAW撮影がオススメだ。

F2タイプとコンパクトタイプで「ボケ」の違いはどれくらい?
寄りに強いのはどっちだ!

 Iシリーズは開放F2の明るいタイプ(24mm、35mm、65mm)と、F値控えめのコンパクトタイプ(24mm、45mm、90mm)に大別される。そこで各レンズの開放F値で撮影したときのボケ感を比較してみた。

 当然、焦点距離が長くF値が明るいほうが背景は大きくボケる。わずかにF2タイプのレンズのほうが口径食も少なくボケがキレイに感じる。

(各レンズ絞り開放でのボケ感を比較。条件としては手前に配置した人形から約60cm後方に光源を設置。人形の大きさが大体揃うようにカメラ位置を変えて撮影した。50%縮小のうえ掲載。クリックで実寸表示)

24mm F2 DG DN

24mm F3.5 DG DN

35mm F2 DG DN

45mm F2.8 DG DN

65mm F2 DG DN

90mm F2.8 DG DN

 また「F2タイプ」と「コンパクトタイプ」(この呼称は正しいのか?)の違いとして気が付いたのが、最短撮影距離(撮影倍率)が異なることだ。

 スペックをみると「コンパクトタイプ」のほうが近くまで寄れて、大きく撮れるようだ。というわけで今度は各レンズ最短距離で撮影したときの画角を比較してみることにした。

 何故か各レンズとも公称スペックより近寄って撮影することができてしまったので、作例には実測した撮影距離も表記しておく。

 最も大きく撮れたのが「24mm F3.5 DG DN」で、フードを装着したままだと被写体にぶつかるほど近寄れる。さすがに最短距離では周辺像が流れ、完全に解消するためにはF16 程度まで絞る必要があるが、逆にこの描写を活かした撮り方をするのも面白そうだ。

 また「90mm F2.8 DG DN」は「45mm F2.8 DG DN」より少しだけ撮影倍率は低くなるが、「65mm F2 DG DN」より近寄ることができる。中望遠という焦点距離を活かし被写体との距離を保ちながら撮影ができるのもメリットだ。このように近接撮影のために「コンパクトタイプ」を選ぶのもいいだろう。

(各レンズの最短撮影距離で撮影した写真を比較。絞りは比較的周辺部まで画質が整うF8で撮影した。50%縮小のうえ掲載。クリックで実寸表示)

24mm F2 DG DN 実測約21.2cmで撮影。

24mm F3.5 DG DN 実測約10.3cmで撮影。

35mm F2 DG DN 実測約25cmで撮影。

45mm F2.8 DG DN 実測約21.5cmで撮影。

65mm F2 DG DN 実測約51.5cmで撮影。

90mm F2.8 DG DN 実測約45.4mmで撮影。

 最後に逆光で各レンズ絞り開放と最小絞り(F22)で写りを検証してみた。どのレンズもフレアはほとんど気にならない。

 ただし、口径が大きい「F2タイプ」は、「コンパクトタイプ」より少しだけゴーストが発生しやすい傾向がある。とはいえ、直接光源が写り込む状況でも安心できる逆光耐性はありそうだ。

(逆光の状況で各レンズ絞り開放と、最小絞りのF22で撮影。50%縮小のうえ掲載。クリックで実寸表示)

24mm F2 DG DN 絞りF2(左)とF22(右)

24mm F3.5 DG DN 絞りF3.5(左)とF22(右)

35mm F2 DG DN 絞りF2(左)とF22(右)

45mm F2.8 DG DN 絞りF2.8(左)とF22(右)

65mm F2 DG DN 絞りF2(左)とF22(右)

90mm F2.8 DG DN 絞りF2.8(左)とF22(右)

 今回はいろいろと検証をしてみたが、このようなテスト的な撮影では気が付かないことも多々ある。というわけで、次回は実際に撮り歩いてみて感じた各レンズの印象を紹介していこう。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう