週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

あのLeTVのスマホが復活! まずはスマートウォッチ「Watch T2」を発売

2021年09月22日 12時00分更新

Letvのスマートウォッチ「Letv Watch T2」

 みなさんはLeTVというスマートフォンメーカーを覚えているでしょうか? まもなくスマートフォン市場に復活予定で、どんな製品になるのかマニア層から注目を集めそうです。

2021年発売予定のLeTVのスマートフォン

 LeTVは2014年に突如現れ、超ハイスペック・低価格という驚きのスマートフォンを次々と出して世界中から注目を一気に集めました。ちなみに2014年といえばシャオミは「Mi 4」を発売。すでにシャオミのスマートフォンはスペックの高さで人気でしたが、LeTVのスマートフォンは金属ボディーや大画面の採用で、シャオミ以上にカッコよくスペックも高いモデルがそろっていたのです。

 登場時の状況は過去に記事を書いているのでそちらをご覧ください→(下位モデルですら秒速で完売した史上最強スペックスマホ『LeTV Max』実機レビュー)。

大画面、ベゼルレス、金属ボディー、Snapdragon 810搭載の「LeTV Max」

 LeTVは元々中国でIPTV(インターネットTV)の放送を展開しており、それを受信するためのハードウェアとしてセットトップBOXを販売。さらにその延長としてスマートフォン市場にも参入したのです。その後はブランド名を「LeEco」に変更。しかし2017年に「Le Max3」など3機種を出した後に市場から撤退。電気自動車などグループ全体で急激な投資拡大を進めた結果、資金難に陥ってしまったのでした。ちなみに一時は経営に行き詰まっていたCoolpadに出資したり、中国市場でもシェア10位内に入るなどイケイケでした。

Statistaによると2016年の中国市場でLeTV(LeEco)は10位

 そんなLeTVが今年になってスマートフォンを出すようです。なお、現在のブランド名は「Letv」と頭の「L」の文字だけが大文字。ということで以下はその表記とします。

 中国のスマートフォンの認証機関に現れたのが「Letv L5」という製品。これが4年ぶりのLetvの製品のようです。現在わかっているスペックは6.5型(1600x720ドット)のディスプレー、4800+200+200万画素カメラ、5G対応。スペックを見ると1000元台(2~3万円)のエントリー機かもしれません。

詳細はまだ不明だが、Letvのオンラインストアにそれらしき写真が出ている

 中国のネット上では9月中旬にスマートフォン新製品が発表されるという噂でもちきりでしたが、結局まだ登場にはいたっていません。その代わり出てきたのはまったく予期されていなかったウェアラブルデバイス、Letvブランドのスマートウォッチ「Letv Watch T2」でした。

誰もが予測していなかった新製品、Letv Watch T2

 Letv Watch T2の主なスペックはディスプレーが1.32型(390x390ドット)、本体は金属製でベルトは樹脂製または革が選べます。IP67の防水にも対応。バッテリーは200mAhで最大7日間、実働3~5日間の利用が可能。対応スマートフォンはiOS 8.0以上またはAndroid 4.4以上です。

 おもな機能はアクティビティートラッカーとして15種類の運動量の測定や睡眠時間の計測、本体のセンサーを使った血中酸素飽和度測定。また呼吸訓練やワークバランスの表示など、日々健康な生活を送れるアドバイスも提供してくれます。

Letv Watch T2を使えば健康的な生活が送れそうだ

 筆者も過去にLetvのスマートフォンを使っていたので、このスマートウォッチには興味を持ってしまいます。個人的に残念なのは、表面からみてもどこにも「Letv」の表示がないので、これを自慢できないこと。とはいえ499元(約8500円)という価格は安いので1つ買ってみようかと思っています。

一見するとどのメーカーの製品かわからないのが残念

 さて、あとは本当にLetvブランドのスマートフォンが出てくるかどうかです。半導体不足が深刻な状況なだけに、新興メーカーはなおさら新製品の展開が難しい状況ですが、ぜひ過去のあの栄光を思いださせてくれるカッコイイスマートフォンを出してほしいもの。

山根博士のオフィシャルサイト

「スマホ好き」を名乗るなら絶対に読むべき
山根博士の新連載がASCII倶楽部で好評連載中!

 長年、自らの足で携帯業界を取材しつづけている山根博士が、栄枯盛衰を解説。アスキーの連載「山根博士の海外モバイル通信」が世界のモバイルの「いま」と「未来」に関するものならば、ASCII倶楽部の「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」は、モバイルの「過去」を知るための新連載!

 「アップルも最初は試行錯誤していた」「ノキアはなぜ、モバイルの王者の座を降りたのか」──熟練のガジェットマニアならなつかしく、若いモバイラーなら逆に新鮮。「スマホ」を語る上で絶対に必要な業界の歴史を山根博士と振り返りましょう!

→ASCII倶楽部「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」を読む

ASCII倶楽部は、ASCIIが提供する会員サービスです。有料会員に登録すると、 会員限定の連載記事、特集企画が読めるようになるほか、過去の映像企画のアーカイブ閲覧、編集部員の生の声を掲載する会員限定メルマガの受信もできるようになります。さらに、電子雑誌「週刊アスキー」がバックナンバーを含めてブラウザー上で読み放題になるサービスも展開中です。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう