週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

NIMASOからiPhone 13用の3種のガラスフィルム&ケースが登場

2021年09月15日 19時40分更新

 NIMASOは9月15日、iPhone 13用のガラスフィルムとケースの新製品を発表した。

 ガラスフィルムからは光沢仕様、ブルーライトカット、アンチグレアの3種類のタイプを発売し、ほとんどがiPhone 13全シリーズに対応しているという。

 光沢仕様のガラスフィルムは高い透過率を備えており、ハイビジョン、4K、8Kの画質を損なうことなく、画面本来の美しさをそのまま綺麗に楽しめるほか、表面強度9H、高品質な日本製素材で作られたフィルムとなっている。

 ブルーライトカット仕様のフィルムは同社開発のブルーライトカット技術で、最大限にブルーライトを軽減。さらにアンチグレア(非光沢)仕様のフィルムは光の反射を抑えることに加え、サラサラした手触り感でゲームを楽しむユーザーにもおすすめという。

 ケースでは、背面は硬度が高いすりガラスで、側面には柔らかい素材を使用したガラスケースがラインアップ。丈夫さと柔弱さ、両方を持ち、装着しやすい一方で、本体もしっかり保護してくれるとしている。

 そのほか、カメラレンズに使用するレンズカバーも発売。ガラスとアクリルを採用した製品は本体落下時にも、レンズカバーにかかる衝撃を吸収し、レンズ本体の割れを防止できる。

 なお、新商品の一覧はこちらから確認できる。

■関連サイト

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう