週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

おにぎりやパンのお供に

「飲む缶カレー」が登場。例えば、即席麺のカレー味の「汁だけ」欲しい気分の時にも便利

2021年08月29日 17時00分更新

文● ナベコ 編集●ASCII

 ポッカサッポロフード&ビバレッジは「カレーな気分中辛170gリシール缶」を8月23日に販売開始しました。

 10種類のスパイスが溶け込んだ“飲む缶カレー”。パンやおにぎりと一緒に食べれば「食事の1品」になり、カレーな気分のときにピッタリとのこと。

なるほど、ホットで飲むとスパイスが立つ

「カレーな気分中辛170gリシール缶」

 本商品は、ポッカサッポロフード&ビバレッジが秋冬向けに出してきた商品。ホット及び常温販売可能とのことで、これからの季節ホットで並ぶことが多いと思います。

 香味野菜とビーフとポークの旨みが広がる、中辛のカレースープです。10種類のスパイスが溶け込んだスープには、ポッカサッポロフード&ビバレッジのグループ会社であるスパイスメーカー「ヤスマ」のスパイスも使用。1947年創業のヤスマはマスコットブランドの家庭用スパイス・ハーブ・シーズニングで知られています。

 シーンとしては「カレーを少しだけ食べたい」時や、おにぎりやパンとあわせてスープが欲しい時、などを想定しているそうです。なるほど、おカレーな気分の時に気軽に買える缶ということですね。なぜか突然、カレーを摂取したくなる時ありますよね!

一缶 140円(税別)

 さっそく商品を手に入れたのでいただいてみました。

カロリーは100gあたり31kcal(1缶52.7kcal)

原材料をみると、カレー加工品、砂糖を筆頭に、ビーフ香味調味料、ポークエキス、トマトペーストなどが書かれています。

飲む前に振りましょう。

 常温のものだったので、コップに開けてみたところ、見た目はちょっと……。カレーとしては薄めの液色ですかね。反省点としては、ガラスのコップに入れたから見た目がよろしくなかったんだと。お茶碗に入れればよかった……。

色は……うーん

 耐熱コップに移して温めて飲んだところ、なるほどめっちゃふつうにおいしい。ビーフやポークの動物性の旨味をベースにピリッと辛いスパイスがきいていて、一口含むと、次へ次へとどんどん飲みたくなる味。原材料に砂糖の表記があったので、甘口を想像していましたが、そんなことはなく大人も好きな“中辛”。反対に甘口のカレーが好きなお子さんには、ちょっと刺激的に感じるかもしれません。

スパイスがきいていておいしい
辛いのが苦手な人には刺激的と感じるかも

 北海道名物のスープカレーとどう違うのか?と考える人もいると思うので書いておくと、スープカレー自体定義が広いですが、私の中では、スープカレーは野菜の旨みが濃くて、具材がたっぷり入っているイメージです。一方で本商品は動物性の旨味が濃いので別物に感じます。

 飲んでいるうちに日清食品「カップヌードル」のカレー味を思い出しました。カップヌードルカレー味ってスープまで飲み干したくなるじゃないですか。本商品と比較するとおそらくカップヌードルのほうが味が濃くてパンチがあるのですが、スパイスが複雑にきいていて近い「うまうま感」を得られます。カップヌードルのカレー味の汁(に近い味を)を缶で買えて手軽に飲めると考えてください。最高じゃあないですか!

さめると微妙なので必ず「ホット」で飲んだほうがいい

 ぷはー、ごちそうさまでした。スパイスがきいてておいしかったです! 量は170gと、飲んでいるともっと欲しくなるので少なめに感じましたが、あくまでちょい足しスープとしては適度でしょう。注意点としては、常温だとイヤな香りが出てきてしまうので、ホットの状態で飲むのがオススメ。ホットだとスパイスが立って香り良いですから。

 しかし、カレーは幅が広いので選べるのが一種だけというのもさみしいですよね。今後展開するなら「甘口」「激辛」や「キーマカレー」「シーフードカレー」などどんどんバリエーションを出してほしいです。飲む激辛MAXなカレーあったら挑戦する人多いだろうな。ちょっと危険な香りですが私もたぶん飲んじゃう。激辛成分ほしいー!


■「アスキーグルメ」やってます

 アスキーでは楽しいグルメ情報を配信しています。新発売のグルメネタ、オトクなキャンペーン、食いしんぼ記者の食レポなどなど。コチラのページにグルメ記事がまとまっています。ぜひ見てくださいね!

 ご意見、要望、ネタ提供などはアスキーグルメ公式Twitterまで
 →アスキーグルメ (@ascii_gourmet)

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう