週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

【連載/日なたハンターvol.4】夏ならではの快適日なたdeデトックス~新宿住友ビル三角広場 西~

2021年08月20日 12時00分更新

 毎週金曜日にお届けする「西新宿にきゅんとし隊!」では、西新宿にオフィスを構える小田急エージェンシーで働く広告人7人が、それぞれのテーマで西新宿での過ごし方をお伝えします。

 前回の記事はこちらです。

【連載/日なたハンターvol.3】
芝ピクニックな日なたdeデトックス~新宿中央公園~

※過去の連載記事はこちら :西新宿にきゅんとし隊! 

 今週は、私「あおゆう」が、「日なたハンターvol.4、夏ならではの快適日なたdeデトックス~新宿住友ビル三角広場 西」をお届けします。

 暑さ寒さも彼岸まで、とはいいますが、残暑厳しい毎日ですね。まだ夏~、なんて思っていると、退社時の夕暮れでふと気づかされる日の短かさや、夜に響く虫の鳴き声で、小さい秋を感じます。

 今年の夏は、どんな夏でしたか?私は思わず、中学生の時からのちょっとした念願が叶った夏でした。それはこちらの…

 羽化したてのセミ!無垢~神秘~。夕暮れ時に公園で広げていたシートに遊びにきた幼虫が、家のカーテンで羽化しました。中学生の時。合宿の朝にこの妖精みたいなセミを見かけて以来、羽化する様子を見たかった!羽化したセミは、翌朝、しっかり乾いた羽を広げて飛び立っていきました。

 子どもの虫好きに大感謝をした出勤時。新宿西口でもミンミンゼミやアブラゼミが大合唱をしています。新宿でも毎夜あちこちでひっそりと、あのドラマチックな羽化が… と高層ビル群にギャップ萌えの瞬間です。この脳内萌え萌え気分をキープしたい! よし! 「日なたハンター」出動!!

 ランチタイムに、西新宿でおなじみの気温をチェックします。

 うっわーーー。アッツーーーー。

 「暑いって言ったらダメ」ゲームが自然発生する暑さです。太陽のやる気は、ギラギラ100%。日なたぼっこ指数は、0%! 眉間にシワよっちゃうよー

 …それでも快適に日差しを楽しみたい!今回は、アツ~い夏の日差しに直接当たらずに、ほっこりやさしい日なたを感じられる「夏ならではの快適日なた」をご紹介します。

 「夏ならではの快適日なた」は都庁の向かいにあります。

 新宿駅西口から右手側の、都庁に伸びる地下通路を進みます。ギラギラ太陽の日差しを避けられる地下通路は、我らの強い味方! 眉間のシワが緩みます。

 おっと、右手側の地下通路ってここで合ってるのかなー? とやや不安になっているあなた。目印はこの「新宿の目」がある地下通路ですよー! 探してみてください。某アニメのオープニングでチラっと出て話題になりました。

 みーんみんみんみん、じーじじじ。

 出口付近では、セミたちが熱烈にお出迎え。セミの鳴き声のお陰で、覚悟を決めて暑い日差しの下に飛び込めるってもんです。

 さあ、今回ご紹介する「夏ならではの快適日なた」は、地下通路を出てすぐにある「新宿住友ビル」の中にあります!ガラス張りのおしゃれな外観で気分が上がります。

 さあ、快適に日なたを楽しみますよー。

 ビルの中… 屋内じゃん… て思いました? そうなんです!

 だからこそ、残暑が続く夏にうれしい日なたです。もちろん夏以外だって、いつでも快適に日なたを楽しむことができます。

 新宿住友ビルには、1Fに全天候型を謳ったイベント広場「三角広場」があり、最大収容人数およそ2000人という広い空間が広がっています。西側には飲食店が軒を連ね、その前には休憩できる座席があります。

 そうです。ここが、今回の目的地「三角広場 西」です。

 全天候型! なので、どんな天気もどーんと来い! ギラギラ太陽だって柔らか日差しになっちゃいます。「北風と太陽と三角広場」でイソップ物語の続編が書けそうです。

 そんな「三角広場 西」は天井が高く、入り口から包容力抜群なオーラを出しています。

 天井からは適度な日差し。布の日よけが、テントの中にいるような柔らかな雰囲気を醸し出してくれています。

 そして… あ~、涼しい♪ 空調が効きすぎることもない適度な涼しさは、オトナにはありがたいです。絶妙な温度設定、サイコーです!

 ここでゆっくりと日なたを楽しむとしましょう。

 今日は、「京鼎樓」さんのテラス席にお邪魔します

 冬に、こたつでアイス。

 夏に、空調の効いた部屋でラーメン。

 文明の利器を生み出した先人に感謝! 贅沢だわー。

 「選べるランチセット 三色小籠包セット」1320円を注文。麺か飯を選べます。暑さマシマシで担々麺の一択! アツアツセットでこの環境下をさらに贅沢にする作戦にします。ニヤリ。

 やってきました!

 担々麺の奥に写っている3色小籠包は、京鼎小籠包、烏龍小籠包、XO醤小籠包の3種類… あら、見えにくいな… なので、中でも一押しの烏龍小籠包をアップにした写真を。

 烏龍小籠包は台湾産の特製烏龍茶葉を独自の方法で生地と餡に練りこんでいて、ほろ苦い烏龍茶の香りと甘味が合わさった優しい味で、食べ終わってすぐ、また食べたい! となる一品です。

 さて、こちらの「夏ならでは快適日なた」は、利用者のほぼ100%がワーカーというワーカー憩いの場です。

 手前の座席では、持ってきたお弁当をひとりで楽しんでいる方が多く、外に出なくても外を感じることができるので足を運びやすいのかな、なんて、日なたバイアス強めでお送りしています。

 …おっと。日なたぼっこをしていると、時を忘れそうになりますね。

 ぼちぼち日なたぼっこ終了のお時間です。

 夏の日差しを感じながらも、すっかり暑さがおさまり、穏やかな気持ちになりました。

 夏はあと少し。セミの鳴き声を楽しんで、来た道を帰ります。

 い~い日なた、ごちそうさまでした。

施設名:新宿住友ビル 三角広場
住所 :東京都新宿区西新宿2-6-1
ウェブサイト:https://www.sumitomo-sankakuhiroba.jp/
店名:京鼎樓 新宿住友ビル店
住所:東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル1F
電話:03-6258-1357
時間:ランチ 11時~15時30分(LO15時)
   ディナー 17時~20時(LO19時30分)
   ※7月12日~8月31日、9月1日以降の情報はウェブサイトを参照
ウェブサイト:https://jin-din-rou.net/jindinrou-shinjuku/
Instagram :https://www.instagram.com/jin_din_rou/
Twitter   :https://twitter.com/jindinrou
食べログ  :https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13246997/

文/あおゆう

横浜市生まれ。約20年間、通勤で西新宿に通う。小学生の娘と保育園児の息子の世話に追われるワーママ。「時は金なり」が身に染みる日々。まとまった休日にはキャンプや雪山遊びに行って、ストレス発散しています。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう