週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

新型コロナによる事業継続不可のリスクを最小限に抑える「ピクシーダストテクノロジーズ」

2021年08月19日 07時00分更新

 ベンチャー、スタートアップのサービス、事業の魅力を3分間の動画でお届けするASCII STARTUP ライトニングトーク。今回は、2021年7月15日に開催された「ニュー・ノーマル・テックピッチ」のイベントで登壇した、感染症対策BCPソリューションサービス「magickiri」を開発するピクシーダストテクノロジーズ株式会社のスピーチをお届けする。

 プレゼンしてくれたのは、同社事業開発ディレクターの奈良崎翔太氏。スピーチの模様は動画をご覧いただきたい。

 同社が開発する「magickiri」は、「人」と「環境」の両面から感染症対策を行うのが特徴。環境面では、屋内の気流の流れに着目して、安全性をリスクシミュレーションする。人の面では、陽性社が出た場合に、従業員間の濃厚接触者を可視化することができる。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう