週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

7色で登場の新「iMac」は、Apple M1搭載で本体部はタブレットみたいな薄さ!

2021年04月21日 06時00分更新

 アップルは20日(現地時間)、新モデルとなるiMacを発表した。4月30日から予約受付を開始し、発売は5月後半を予定している。価格は8コアCPU/7コアGPU&256GB SSDでUSBが2ポートのエントリーモデルが15万4800円、8コアCPU/7コアGPU&256GB SSDでUSBが4ポート&有線LANにも対応したスタンダードモデルが17万7800円など。

 Apple M1搭載Macは、昨年まずMacBook Air/13インチMacBook Pro/Mac miniが登場したが、4モデル目となるiMacはApple M1の省電力性能を活かした新たなデザインを採用している。

 4.5Kという高解像度(4480×2520ドット)の24インチRetinaディスプレイを含む、本体部分の厚みはわずか11.5mm。この薄さを実現できた理由は本体下部のフレーム部分に収まる小型ロジックボードを採用しているため。この狭いスペースにCPUや2個のファンに加え、高音質のサウンドシステムも搭載している。

 7色のカラフルなデザインも実に魅力的。エントリーモデルを除いて、ブルー、グリーン、ピンク、シルバー、イエロー、オレンジ、パープルから選ぶことができる。また、本体やスタンドのみならず、付属するケーブルやMagic Keyboard、Magic Mouseも7色展開。オプションのMagic Trackpadについても同様だ。

 そのMagic Keyboardについてはエントリーモデル以外にTouch IDに対応。iMacのロック解除のほか、Apple Payの決済時にも利用できる。

 コネクター類は、エントリーモデルはUSB Type-C端子が2つ、それ以外は4つが搭載されており、そのうち2つはThunderboltとUSB4に対応する。これにより、高速ストレージや外付けディスプレー(対応解像度は最大6K)を接続可能。またACアダプターにGbEの端子を装備し、デスク上でのケーブルを最小限にする工夫が施されている。もちろん無線LANにも対応しており、Wi-Fi 6をサポートする。

 ビデオ会議向けにFaceTimeカメラも強化。解像度は1080pとこれまでのMacで最高スペックを採用。M1による画像処理との組み合わせで、暗い場所でも優れた動画品質を実現するとしている。

 オプションとしてはメインメモリを16GBに変更可能。ストレージは標準の256GB/512GBに加えて、オプションで1TB/2TB選択できる。

 

■関連サイト

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう