週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

iPhoneのショートカットを活用してディスプレーの明るさを変える方法

2021年03月08日 10時00分更新

 ディスプレーの明るさはスマホのバッテリー消費に影響する要素のひとつです。iOSのショートカットを活用すれば、バッテリー残量が減るとディスプレーの明るさが変わる、という動作を自動化できます。

 設定手順は以下の通り。

 まず「ショートカット」アプリを開き「オートメーション」タブをタップします。次に画面の上段に表示された「個人用オートメーションを作成」をタップして「バッテリー残量」を選択します。

 細長いバーのような部分を左右にスライドすれば、バッテリーの%を切り替えできます。ちなみに、ディスプレーを暗くしすぎると見づらくなるので、下げすぎないようにするのがポイントです。

 最後に「アクションを追加」をタップして、ディスプレーの明るさを何%に切り替えるのかを設定しましょう。補足すると、「実行の前に尋ねる」をオフにしておけば、条件を満たしたときに通知が表示されません。都度確認が必要であればオンにしたままにしておきましょう。

■関連サイト

筆者紹介:金子 麟太郎

 

 14歳の頃から、パソコンやタブレットで作曲する。CD制作にも取り組むうちに、機械にも興味を持ち、2016年(20歳)からITに関連する企業を取材し、記事を執筆する活動を始める。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう