週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

【連載】もうチビチビ食べなくていいんだよ! 夢のマカロン食べ放題

2021年02月17日 17時00分更新

 皆さまこんにちは。ハイアット リージェンシー 東京のすずです。

 前回の記事でご報告した肋骨の骨折発覚から1週間が経ち、苦しんでいる私のために、優しい上司がお医者さんに1日でも早く骨をくっつける方法はないかと尋ねてくださいました。

 「バランスのいい食事」につきる。だそうです。普通ですね(笑)

 痛み止めの薬と湿布がついになくなり、サポーターという心もとない声出しベンチメンバーのみで 月曜日というサラリーマンの開幕を迎え、破竹の勢いで業務を遂行しています。

 ここでふと、骨折中に感じた痛みや苦しみ、人の温かさを思い返してみました。

◎骨折の報告をすると、電話越しに大爆笑が起きている私の職場…
◎4歳児からのタイガーマスクを彷彿とさせるダイビング・ボディーアタック、悶絶でした
◎新宿西口の地下道を歩いていると、「大丈夫ですか?」と声をかけてくれた好青年
西新宿は心の温かい方が多いですね、好きです素敵です西新宿
◎笑うと痛い。と言っているのにも関わらず朝からネタを仕込み笑わせてくる私の職場…

 人生初の骨折をして身体は痛いですが人の優しさを感じ、心はほっこりとした1週間でした。

 スミマセン。前置きが長くなってしまいました。

 さて、本題に移りましょう。

 前回ご紹介した「カフェ」の利用方法、実践してくださいましたでしょうか。

 今回はホテルの有効活用ではなく、ただただオススメのメニューをご紹介したいと思います。

 マカロン好きの方には夢のようなメニューが登場です!

 その名は「マカロン食べ放題」です。

 直球ど真ん中にもほどがあるネーミングです…

 ホテルの1階にあるレストラン、ブラッスリー「Vicky’s(ヴィッキーズ)」では、土・日・祝日限定でいちごのアフタヌーンティーセットをご提供しており、「マカロン食べ放題」をプラス1100円(税込)で注文できます。

 お店のマカロンお高いですよね… おいしいですが、気軽に買えないですよね。

 それが食べ放題? いやいやそんな話…。あるのです!

 試合も延長戦に入り、一打サヨナラの場面で代打に投手を起用する衝撃采配のような驚愕の贅沢企画ですが…。

 マカロン食べ放題すごくないですか?

 投手を代打に起用し、見事サヨナラ勝ちを収めたチームのようなこのオプションメニュー。

 大ヒットしております!

 ホテルのマカロン食べ放題ですよ。そりゃあ食べたいじゃないですか。

 しかもハイアット リージェンシー 東京のマカロンは、本当においしいんですよ。

 大魔神がフォークボールを武器に名をはせたように、マカロンは料理長 佐藤 浩一のスペシャリテ。

 我が家におみやげで持ち帰ったとき、マカロンをひと口で食べる娘を見て、「うわー、もっと味わってー、大切に食べてー、高いんだよー、それ食べられるの幸せなんだよー」と思いましたし、いいましたし、つい叫びましたが…

 そんなこと気にしなくていいんですよ、どんどん食べていいんですよ。

 ピスタチオ、バニラ、ショコラ、ラズベリーなど、内容は日替わりなのですが、5種類程のマカロンが食べ放題です。

 私はショコラマカロンが好きなので入っていたらそれだけでテンション上がりますし、これでもかというほど食べていいんですよ。何個くらい食べられますかね…

 自分のマカロンキャパシティを知っている方はいらっしゃるのでしょうか。

 ちなみにレストランスタッフにこっそり聞いたら最大25個めし上がった方がいらっしゃるそうです。

 現在のホームランダービートップは25本。

 私はとてもホームラン王にはなれなさそうなのでリフレッシュメントを飲んで打点を稼ぎたいですね。

 挑戦者をお待ちしております。…が、ホームラン王が記録を伸ばせば伸ばすほど、Vicky’sのレストランマネジャーは心中複雑なことでしょう(笑)

【期間】 2021年3月28日(日)まで
【場所】 ブラッスリー「Vicky’s」(1F)
【料金】 いちごのアフタヌーンティーセット ¥4000(税込み4400円) 
     プラス¥1000(税込み1100円)で「マカロン食べ放題」をお楽しみいただけます。
【提供時間】ティータイム 土曜・日曜・祝日12時~17時(LO 16時)
【メニュー】
 <スイーツ>
 いちごのマカロン、いちごのエクレア、ローズ風味のいちごムース クレープ包み、
 いちごとルバーブのパフェ、レアチーズのロリポップ、いちごのフレジェ、
 アメリカンビスケット ジャムとマスカルポーネクリーム添え
 <セイボリー>
 クロックムッシュ、生ハムとクリームチーズのカナッペ、小海老のロワイヤル カプチーノ仕立て

文/すず

30代。男性。横浜で生まれ育ちながら西新宿に10年通う西新宿lover。妻と娘と3人暮らし。
買ってほしいおもちゃがあるときにビールをお酌しにくるようになった4歳の娘の将来が心配でたまらない。ビールを片手に野球観戦が心のよりどころ。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう