週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

使うほどに撮影が楽しくなる! 3眼フリップカメラ搭載の「ZenFone 7」

2021年01月01日 12時00分更新

パフォーマンスと電池持ちも申し分なし!

 OSはAndroid 10。CPUはSnapdragon 865(最大2.84GHz)で、メモリーは8GBというハイスペック仕様。動作性が悪いわけがありません。アプリの起動やタッチレスポンスは快適そのもの。動画の編集もスムーズにできます。

「Geekbench 5」というアプリでベンチマークを測定した結果。現行機種ではトップクラスのスコアをマークした

動画の撮影サイズは最大8Kで、動画編集機能も充実しているが、快適に作業できる

 5000mAhのバッテリーを内蔵しているので、電池持ちも良好。スペックシートによると、バッテリー駆動時間は、LTEのモバイル通信で約10時間、5Gで約6.2時間ということなので、5Gを使わない状況では、5G通信をオフにしたほうがよさそうです。

バッテリーの設定画面。パフォーマンスを優先したり、省電力を優先したりできる

5G対応のSIMを挿しても、5Gアクセスのオン・オフができ、優先するネットワークも選択可能

【まとめ】ハイスペック5Gスマホ+高機能デジカメ
と捉えると高くはない!?

 ZenFone 7は、スマホとしてはやや重めで、片手での操作には向きません。しかし、そのヘヴィーなボディには誰もが満足し得る性能を備えています。おサイフケータイと防水・防塵を除けば、いま求められる機能はすべて備えていると言ってもいいでしょう。自在なアングルで高画質で撮れるカメラは、デジカメよりも使い勝手がいいかも。“ハイスペック5Gスマホ+高機能デジカメ”と捉えると、8万5800円(税別)は高くないのかもしれません。

  ZenFone 7 ZenFone 7 Pro
ディスプレー 6.67型有機EL(20:9、90Hz対応)
画面解像度 1080×2400
サイズ 約77.2×165×9.6mm
重量 約235g
CPU Snapdragon 865
2.84GHz(オクタコア)
Snapdragon 865 Plus
3.1GHz(オクタコア)
内蔵メモリー 8GB
内蔵ストレージ 128GB 256GB
OS Android 10
対応バンド 5G NR:n1/2/3/5/7/8/12/20/28/38/77/78
LTE:1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19
/20/26/28/29/38/39/40/41
W-CDMA:1/2/3/4/5/6/8/19
4バンドGSM
DSDV ○(5G+4G)
無線LAN Wi-Fi 6
カメラ画素数 64メガ(標準)+12メガ(超広角)+8メガ(望遠)
バッテリー容量 5000mAh(最大30W充電対応)
生体認証 ○(指紋)
防水・防塵 ×
SIM nanoSIM×2
USB端子 Type-C
イヤホン ×
カラバリ オーロラブラック、パステルホワイト
価格(税抜) 8万5800円 9万9800円

■関連サイト

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう