週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

見た目はPixel 4aだが中身はほぼPixel 5、「Pixel 4a(5G)」の魅力を探る

2020年10月24日 12時00分更新

カメラはPixel 5と同等

 その一方でPixel 4a(5G)はPixel 5と同じ、あるいはかなり近い部分も非常に多く、その1つがカメラとなる。Pixel 4a(5G)のカメラはPixel 5と同様デュアルカメラ機構を採用しており、搭載しているのも1220万画素/F値1.7の広角、そして1600万画素/F値2.2の超広角と、Pixel 5とまったく同じものだ。

カメラは1220万画素と1600万画素のデュアルカメラ機構。Pixel 5と同様、1600万画素のカメラは超広角撮影用となっている

 それでいてPixel 4a同様、AI技術を用いて劣化を抑えた7倍のデジタルズームを実現していることから、超広角の0.6倍から7倍までとかなり幅広い撮影シーンに対応できる。Pixel 4aはPixel 4a(5G)の広角カメラと同等の性能を持つカメラを1つ搭載しているだけなので、撮影シーンの広さでいえばPixel 4a(5G)の方が有利だ。

広角カメラで撮影したところ

同じ場所から超広角カメラ(0.6倍)で撮影。Pixel 5と同じカメラを搭載していることから、Pixel 4aよりも幅広いシーンの撮影に対応できる

もちろん劣化を抑えた7倍のデジタルズームも可能だ

 一方で、フロントカメラは800万画素/F2.0と、Pixel 4aと性能的に違いはない。ただし撮影した顔写真に光の当たり具合を後から調節できる「ポートレートライト」が利用できる分、Pixel 4a(5G)の方がメリットが大きいだろう。

フロントカメラの性能はPixel 4aと同じ。ただ利用できる機能は増えている

 もちろんそれ以外にも、背景をぼかした「ポートレート」や、暗所を明るく撮影できる「夜景モード」などの利用でき、夜景モードは超広角カメラでも使用できる。また動画撮影に関しても、Pixel 5に搭載されている「シネマティック撮影」をはじめとした手ブレ補正の設定変更が可能であるなど、進化している点が多い。

超広角カメラも「夜景モード」に対応しているので、広い風景を明るく映し出すことが可能だ

 カメラの機能・性能はPixel 5と同等でPixel 4aより上、なおかつ値段は両者の中間。カメラにこだわるならばPixel 4a(5G)のコストパフォーマンスはかなり高いといえるだろう。

メモリーやバッテリーはPixel 5より少なめ

 性能面でもPixel 5との共通化が図られている部分が多く、5G対応でミドルハイクラスの性能を持つチップセット「Snapdragon 765G」を搭載。ストレージは128GBという点も共通しているが、メモリーは6GBとPixel 4aと同じで、8GBのPixel 5と比べやや性能が落とされている。

 ただいくつかの主要なゲームをインストールし、プレイしてみたりした限りではPixel 5と大きな違いは出なかった。今後より多くのメモリーを消費するアプリが増えてくれば話は変わってくるだろうが、現時点ではゲームプレイに決定的な差が出る訳ではなく、大画面でプレイできるメリットの方が活きるといえそうだ。

「Call of Duty:Mobile」をプレイ。RAMは少ないがチップセットは同じなので、Pixel 5と比べグラフィックなどの体験に大きな差はなく、大画面であることがメリットに働く

 一方バッテリーに関しては3885mAhと、Pixel 4(3140mAh)と比べれば大きいが、Pixel 5(4080mAh)と比べるとやや少ない。本体サイズが大きいだけにやや意外な印象もあるが、必要十分な容量を備えていることは確かだろう。

 そしてもう1つ、Pixel 4a(5G)の大きな特徴ともいうべき、5Gを含めた通信関連の機能を確認すると、SIMは物理SIM(ナノSIM)とeSIMによるデュアルSIM構造。2枚のSIMを同時に利用すると、4Gしか利用できない点もPixel 5と同じだ。

SIMスロットは1つだが、eSIMを搭載しているので実質的なデュアルSIM対応といえる

 5Gの対応周波数はサブ6のみで、国内携帯4社が使用している3.7GHz帯(n77、n78)はカバーしているが、NTTドコモが使用している4.5GHz帯(n79)には非対応。他に7つの5G周波数(n1/3/5/7/8/28/40)に対応している点も、Pixel 5と共通しており大きな違いはないようだ。

【まとめ】大画面とカメラ重視ならコスパ高し

 一連の内容を振り返ると、Pixel 4a(5G)はPixel 4aに近いデザインやインターフェースでありながら、デュアルカメラや5Gへの対応など中身はかなりPixel 5に近い。それでいてディスプレーサイズが大きいなど、他の2機種より優位性を持つ部分もあるため消費者から見れば混乱しやすいのは事実だろう。

 基本性能は大きく違わないながらも、細かな部分で差を付けてラインアップを増やすというラインアップ展開は、モトローラなどに近いものを感じさせる。中価格帯でラインアップを細分化することにより、できるだけ幅広い消費者のニーズに応えていきたいというのがグーグルの狙いといえそうだ。

 そうしたことから、これら3つのラインアップの中でPixel 4a(5G)を選ぶべきは、同機種が優位性を持つ大画面とカメラなど、機能・性能にこだわりながらなるべく安いスマートフォンが欲しい人、ということになるだろう。カメラは同等だが価格は6万500円と、Pixel 5より1万4300円安いだけに、ボディーの質感などにこだわらなければこちらの方がコストパフォーマンスが高い。

 一方で、ボディーの質感やカラーなどにこだわるならPixel 5を、4Gでも構わないのでもっと安いスマートフォンが欲しいのであれば、4万円台で購入できるPixel 4aを選ぶ、ということになるだろう。3つのラインアップの特性を良く把握した上で、最適なPixelシリーズを選んでほしい。

  Pixel 5 Pixel 4a 5G
価格 7万4800円 6万500円
ディスプレー 6型有機EL(19.5:9)
最大90Hz
6.24型有機EL(19.5:9)
画面解像度 1080×2340ドット 1080×2340ドット
サイズ 70.4×144.7×8mm 74×153.9×8.2mm
重量 151g 168g
CPU Snapdragon 765G
2.4+2.2+1.8GHz(オクタコア)
内蔵メモリー 8GB 6GB
内蔵ストレージ 128GB
OS Android 11
5G対応バンド n1/3/5/7/8/28/40/77/78
4G対応バンド 1/2/3/4/5/7/8/12/13/14/17/18/19/20/25
/26/28/29/30/32/38/39/40/41/42/46/48/66/71
CA対応 ○(4CC)
無線LAN 802.11ac
(2.4/5GHz)
FeliCa
カメラ画素数 12.2メガ(標準)
+16メガ(超広角)
/イン8メガ
バッテリー容量 4000mAh 3800mAh
生体認証 ○(指紋)
防水・防塵 ×
Qi ×
SIM nanoSIM+eSIM
USB端子 Type-C
イヤホン ×
カラバリ Just Black、Sorta Sage Just Black
この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう