週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

SUPER GT第5戦富士は予選結果を覆す展開でランキングトップが入れ替わる!

2020年10月21日 15時00分更新

文● 栗原祥光(@yosh_kurihara) 写真●加藤智充 編集●ASCII

今年3回目の富士だがポールは再び6号車!

 2020年のSUPER GTシリーズも折り返しとなる第5戦。富士スピードウェイに闘いの舞台を戻し、混戦のGT300クラスは56号車 リアライズ 日産自動車大学校 GT-R(藤波清斗/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ組)がチーム初勝利をはたした。

優勝した56号車 リアライズ 日産自動車大学校 GT-Rの藤波清斗、近藤真彦監督、ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ

 今年3回目となる富士でのラウンド。ポールポジションは第2戦富士でもポールを獲得した6号車 ADVICS muta 86MC(阪口良平/小高一斗組)。

ポールを獲得した6号車 ADVICS muta 86MCの阪口良平、小高一斗

スターティンググリッドに着く6号車 ADVICS muta 86MC

 2番手は第3戦鈴鹿のポールシッター31号車 TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT(嵯峨宏紀/中山友貴組)。2列目には65号車 LEON PYRAMID AMG(蒲生尚弥/菅波冬悟組)、61号車 SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝組)というウエイトハンディー100kgの2台が顔をそろえた。

61号車 SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝組)

 13時30分、決勝レースがスタート。ホールショットを決めたのは6号車 ADVICS muta 86MC。しかし、2コーナーでGT500クラスに接触が発生。パーツ回収のためにイエローフラッグ、そしていきなりセーフティーカーが導入されたため、順位変動はないままレースが進む。

スタート直後の様子

 レース再開は8周目から。その次周、56号車 リアライズ 日産自動車大学校 GT-Rが2コーナー手前で61号車 SUBARU BRZ R&D SPORTを料理。

56号車 リアライズ 日産自動車大学校 GT-R

 3番手にポジションをアップすると、その勢いのまま31号車 TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GTも射程に捉え、11周目に2番手をパス。後方では52号車 埼玉トヨペットGB GR Supra GT(吉田広樹/川合孝汰組)が61号車 SUBARU BRZ R&D SPORTを抜いて4番手にポジションアップをはたす。

52号車 埼玉トヨペットGB GR Supra GT(吉田広樹/川合孝汰組)

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう