週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

「シャドウバース チャンピオンズバトル」スペシャル生放送で、梶原岳人さんと小倉唯さん、木村Pが激アツの対戦プレイ

2020年09月27日 13時45分更新

テレビアニメの世界で遊べるファン垂涎の作品

「シャドウバース チャンピオンズバトル」の紹介の後は、開発途中のソフトを使ったデモプレイが行なわれた。プレイを担当したのは梶原さんだ。ゲームが始まると、目の前に広がっていたのはアニメ「シャドウバース」の世界。

 梶原さんは「アニメで見ていた天青学園を歩けるのが嬉しい」と歓喜の声をあげた。梶原さんの言葉どおり、3Dで作られた天青学園や猫目町駅はファンにはたまらない風景だ。そして町のあちこちに掲示されているアリスの看板を見た小倉さんもまた、前のめりでモニターを見入っていた。

 木村さんによると、フィールドに立っているNPCは全員バトルができるそうだ。また、メインストーリーはフルボイスで、かなりのボリュームが用意されているとのこと。

 町に設置してある「シャドウベンダー」に行くと、カードやスリーブなどを購入できる。シャドウベンダーは場所や時間によって取扱商品が変わるそうなので、毎回ドキドキしながらチェックする喜びが味わえる。

梶原さんと木村Pのシャドバ対戦プレイ

 番組の後半は「シャドウバース チャンピオンズバトル」最大の魅力であるバトルに挑戦。梶原さんと木村プロデューサーによるエキシビジョンマッチが行なわれた。

 試合の意気込みを求められた梶原さんは、「木村さんが相手だと緊張しちゃう。でもヒイロを背負ってるので!」と気合十分。一方、木村さんは微笑みながら臨戦態勢。おなじみのセリフ「バトル!シャドウバース!!」の掛け声で試合が始まった。

 試合前に木村プロデューサーが解説した通り、ヒイロのデッキ(ドラゴン)を使う梶原さんがバトルを有利に展開した。ベストなタイミングでオリジナルカード「イグニスドラゴン」を引き、木村プロデューサーを窮地に追い込んだ。

 そのまま試合が決着するかと思いきや、ネクロマンサーのデッキを使う木村さんが巻き返し、そのまま見事な大逆転勝利。プロデューサーの意地を見せつける形となった。

 二人の選手が戦っている様子は、とてもおもしろそうだった。わずかな時間で熱いバトルを楽しめるのは、本作の醍醐味。「こんなに簡単にプレイできるなら遊んでみたい」と思わせてくれる、素晴らしい番組だった。

「シャドバ」応援隊長に「ぺこぱ」が就任

 番組の最後は告知コーナー。テレビアニメ「シャドウバース」の情報や、YouTube期間限定配信などが伝えられた。そして最後に「シャドウバース」の応援隊長として、お笑い芸人の「ぺこぱ」が発表された。ぺこぱはビデオレターで、台本丸読みのユニークな挨拶でスタジオを沸かせた。今後、どのような活動を行うかは後日発表される予定だ。

【ゲーム情報】


タイトル:シャドウバース チャンピオンズバトル
プラットフォーム:Nintendo Switch
ジャンル:カードバトルRPG
プレイ人数:1人(通信プレイ時:2人)
発売予定日:2020年11月5日(木)
価格:5980円+税(パッケージ版/ダウンロード版)
開発:Cygames
CERO:B(12才以上対象)

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう