週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

TGS 2020並走番組でジサトラハッチがRyzen+Radeonを搭載するHP製PCの魅力を紹介!

2020年09月24日 23時00分更新

 毎年開催しているビデオゲームの祭典「東京ゲームショウ」。今年はオンライン開催の「東京ゲームショウ 2020 オンライン」(以下、TGS 2020)として、9月24日~9月27日の期間、YouTube等を通じて生中継を実施している。

 ゲームメディアIGN JAPANのYouTubeチャンネルでは、そんなTGS 2020の会期中、同時生中継「ずっと一緒に生中継@TGS2020」を実施。TGS 2020公式番組のハイライトをリアルタイムで再配信しながら、最新の発表内容をIGN JAPANメンバーのコメントと共に届ける番組だ。

 本放送にて、我らがアスキーの自作PC大好き集団、自作虎の巻こと“ジサトラ”メンバーであるジサトラハッチがコーナー出演。ゲームキャスターの岸大河さんとともに、今回配信で使用している、AMDのCPUやGPUを搭載する日本HPのゲーミングPCについて、魅力を語った。

IGN JAPANの生放送にて、ジサトラハッチ(中央)が出演。ゲストの岸大河さん(右)と、日本HP製ゲーミングPCの魅力を語った

「Ryzen 7 3700X」と「Radeon RX 5700 XT」を搭載するデスクトップPCの「OMEN Obelisk Desktop 875」、エントリークラスのゲーミングノートPCである「Pavilion Gaming」のPCを紹介

番組では、次世代の家庭用ゲーム機「PlayStation 5」「Xbox Series X」などにも話題が及んだ。両機には、AMD製のCPUやGPUを搭載しており、現行のPC用のものよりも上の世代のパーツが採用する。PCと比べての利点なども解説した

 IGN JAPANの生中継は、TGS 2020会期中の4日間、毎日開催している。気になる人は、IGN JAPANのTGS 2020特集ページをチェックしてみてはいかがだろうか。
 

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう