週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

6/16開催「先輩起業家から学ぶ“スタートアップが知っておくべき商標のこと”」

商標をとらないとどうなる? 知財セミナーをオンライン開催

2020年05月19日 15時45分更新

 特許庁は6月16日(火)、ASCII STARTUPとStartup Hub Tokyoの協力のもと、商標やブランドづくりにまつわるトピックについて知財専門家がお届けするセミナーイベント『先輩起業家から学ぶ“スタートアップが知っておくべき商標のこと”』をオンラインで開催します。

 ユーザー数が増えたところで他社から商標侵害の警告がきた、他社から似た名前の商品が出てきた等、商標のトラブルに巻き込まれるスタートアップは少なくありません。起業前後から商標について知っておくことで将来の大きな失敗を防げます。

 本イベントでは、社名や製品・サービスのネーミングを決めるときに何に気を付ければいいの、商標をとらないとどうなるのといった商標やブランドづくりにまつわるトピックについて、知財専門家でもある先輩起業家がお話しします。

 併せて、 “商標とは何か”、“どうやったら商標をとれるのか”など商標の基礎や、商標など知財に関するスタートアップ向け支援策を紹介するセミナーも開催します。本イベントを通じて参加者は下記の点を理解できるようになります。

・商標とはそもそも何か
・商標権をとらないとどういうまずいことが起こるのか
・商標を決める際に考えるべきこと
・商標権が活用される場面
・何について、いつ商標権をとるべきか

登壇者

株式会社Toreru 代表取締役、特許業務法人Toreru 代表社員
宮崎 超史氏

神戸大学大学院海事科学研究科卒業
トヨタ自動車株式会社にて工場の改善業務に従事した後、弁理士資格を取得、特許事務所へ入所
書類作成やアナログ作業の多さが課題だと感じ、トヨタ自動車での改善を弁理士の業務にも活用
プログラミングとディープラーニングを一から学び、オンライン商標登録サービス「Toreru」を構築
2017年 特許業務法人Toreru、株式会社Toreru設立
2019年 商標代理件数 日本一達成

cotobox株式会社 代表取締役社長、はつな知財事務所 代表弁理士
五味 和泰氏

早稲田大学理工学部卒。米国南カリフォルニア大学ロースクール卒
2015年 はつな知財事務所設立、2016年 cotobox株式会社設立
2018年経済産業省のグレーゾーン解消制度を利用し、新しいオンライン商標サービスを提供

特許庁企画調査課 課長補佐 スタートアップ支援チーム
進士 千尋氏

石川県出身。東京大学大学院 薬学系研究科修了
2006年入庁。審査第三部(化学、医療系)で特許審査に従事
特許庁国際課、AMED出向を経て、2019年より現職

『先輩起業家から学ぶ“スタートアップが知っておくべき商標のこと”』
●開催概要
■日時:2020年6月16日(火)
配信受付:16時50分 開演:17時 終了予定:18時半
■視聴方法:セミナー当日はPeatixにログインいただき、イベントのお申し込み後にアクセスできる「イベント視聴ページ」上の「イベントに参加」をクリックいただき、視聴をお願いします。またイベント視聴ページをご利用頂く際には、Google Chromeのご利用をお勧めしております。
■入場料:無料
■募集人数:一般(起業家・スタートアップ関係者など)50名
      知財関係者(弁理士など)50名
主催:特許庁
開催協力:ASCII STARTUP、Startup Hub Tokyo
■プログラム
冒頭ご挨拶&SHTのご紹介 5分
セミナー:「商標のいろはと特許庁スタートアップ向け支援策」
トークセッション:「先輩起業家から学ぶ“スタートアップが商標でやるべきこと”」 40分
質疑応答:10分

※プログラム内容は予定です。都合により変更となる場合があります。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう