週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

薄型&15時間駆動で持ち運びにも使える

10万円台で買えてペンもつかえる14インチ2in1 PC「mouse U4-i5」をレビュー

2020年05月11日 11時00分更新

 マウスコンピューターから、14インチでペン入力もできるコンバーチブルタイプの2in1ノートPC「mouse U4-i5」が発売された。公称15時間駆動なのに、本体の厚さが最大約16.8mmと、バッテリー容量と薄さを兼ね備えた使い勝手のいいモデルだ。さっそくお借りできたので、レビューしていきたい。

マウスコンピューターの2in1ノート「mouse U4-i5」

 まず目を引くのが、ブラックのボディーながら、両サイドはゴールドというカラーリング。金属素材の質感を感じられるヘアライン加工が施され、すべてがブラックよりも引き締まって見える。天板を開くと、14インチフルHD液晶のディスプレーがナローベゼルによって、ボディーサイズいっぱいに広がっている。

天板部分もヘアライン加工されている

14インチフルHDの液晶ディスプレーは、3方向がナローベゼル仕様でボディー枠いっぱいに広がる

 サイズは、約322.8×218×16.8mm。従来の13.3インチモデルよりも小さいサイズにまとめられている。重量は約1.5kgとそこそこの重さはあるものの、先述のとおりバッテリー駆動時間が約15時間と長時間なので、電源アダプターを持ち歩かなくて済むのであれば、持ち運んで使うのも苦ではないだろう。

 キーボードは、実測でキーピッチが約19mm、キートップのサイズが15.8mm、ストロークが1.5mmで、特に一部のキーサイズが狭くなることもなくタイピングしやすい仕様になっている。タイピング音も強く叩かなければ静かなので、ウェブ会議中でも耳障りな音が出ることはないはずだ。

キーボードは、フルピッチでストロークも十分確保されており、違和感なくタイピングできる

 タッチパッドは左右ボタン内蔵タイプ。パームリジェクションはしっかり効いてくれるので、使い勝手はいい。タッチパッドを簡単にオフにできるので、マウスを接続する際などは使い分けるといいだろう。

 インターフェースは、左側にUSB 3.1 Type-C端子でPD対応が1つと、USB 3.0 Type-C端子が1つ。そしてボリュームボタンが備わっている。右側には、HDMI端子とUSB 3.1 Type-A端子、オーディオジャック、指紋認証センサー付き電源ボタンが用意されている。

左側面には、充電にも使うUSB 3.1 Type-CとUSB 3.0 Type-C、ボリュームボタンがある

右側面には、HDMI端子とUSB 3.1 Type-A、オーディオジャック、電源ボタン

 USBにType-CだけでなくType-Aも用意されているのは、USBメモリーなども変換アダプターを利用せず直接挿せるのでポイントが高い。また、USB Type-Cは45WのPD対応で、電源アダプターもType-C端子を採用。ディスプレー出力も可能なので、USB PD対応のディスプレーを導入すれば、出力と充電が同時に行なえて便利だ。

 CPUは、第8世代インテル Core i5-8265Uを採用し、メモリーは16GB。ストレージは512GBのNVMe対応M.2接続のSSDを搭載している。標準で16GBのメモリーと512GBのストレージ容量はうれしいところだ。

 ネットワークは、Wi-Fi 5(IEEE802.11ac)で、複数のチャネルを結合して周波数幅を広げるチャネルボンディングが可能な「HT160」に対応。従来の無線LANルーターでは、このHT160に対応している製品は少なく最大876Mbps止まりだったが、最新のWi-Fi6対応のルーターであれば最大1.73Gbpsの高速接続が活用できる。

 そして、天板部分が360度回転するコンバーチブルタイプの2in1なので、ディスプレーはタッチ操作が可能。タブレットとしても利用できる。付属のスタイラスペンは、単6型乾電池を使用するタイプで、256段階の筆圧感知にも対応。書き心地はサインペンのようで、絵を描いたり、手書きで文字を書き込むのに便利だ。

天板を360度回転させて、タブレットとして使用

 実際、PDFファイルへ文字を記入するのに使ってみたが、こういった作業はペン入力のほうがやりやすい。PDFにはメモ機能なども用意されているが、サクッと読んで指示を書き込む作業は手書きのほうが直感的ではかどる。特にこれまで紙の書類などを用いて作業してきた人にはうってつけだろう。スタイラスペンを別途購入する必要もないので、すぐに活用できるのもいい。

スタイラスペンが付属しているので、すぐに手書き入力が可能。画像ファイルにサクッと直感的に記入できる

USB Type-A端子に差し込むスタイラスペン立ても付属。側面のインターフェースにも挿せるので、持ち運び時にも便利

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう