週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

iPhoneのモバイルデータ通信で大容量アプリをダウンロードする方法

2020年04月03日 09時00分更新

 200MB以上のアプリのダウンロードは、Wi-Fiに接続しないと実行できませんでしたが、iOS 13では、モバイルデータ通信に接続している時でも200MB以上のアプリをダウンロードできます。

 契約する料金プランやサービスによっては、一定の通信使用量を超えると課金されてしまい、場合によっては高額な通信費を請求されることもあります。

 そうしたことを防ぐため、iPhoneには、モバイルデータ通信を使って200MB以上のアプリのダウンロードを実行すると「モバイルデータ通信を使って〜ダウンロードしますか?」という内容を画面上に表示する機能を備えています。

 念のためiPhoneの設定状況を見直しましょう。iPhoneの設定から「iTunes StoreとApp Store」→「Appのダウンロード」という順に進み、「常に許可」から「200MB以上のときは確認」という項目を選択することをオススメします。

■関連サイト

筆者紹介:金子 麟太郎

 

 14歳の頃から、パソコンやタブレットで作曲する。CD制作にも取り組むうちに、機械にも興味を持ち、2016年(20歳)からITに関連する企業を取材し、記事を執筆する活動を始める。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう