週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

セブン‐イレブン、6月から約2万店舗でクレジットカードの非接触決済に対応!

2020年02月19日 09時00分更新

 セブン‐イレブン・ジャパンは、6月から全国2万964店舗でクレジットカードなどの非接触決済(NFC Type A/B方式)を使えるようにする。

物理カードで非接触決済をする様子

 同社は、VISA・Mastercard・JCB・American Express(アメックス)・三井住友トラストクラブ(ダイナースクラブカードを発行する会社)と提携。この5社が発行するクレジット・デビット・プリペイドの非接触決済サービスに対応する。

 店員にカードを渡すことなく、レジに設置されたリーダーに非接触対応のカード(クレジット・デビット・プリペイド)をかざすだけで、サインや暗証番号の入力をせずに支払える。ただし、一定金額を超える支払いは、カードを挿し暗証番号を入力する場合がある。

 iPhoneやAndroidスマホで非接触決済やコード決済サービスを使う人が増える一方で、MMD研究所が1月23日に発表した調査データによると、普段の支払いは現金とクレジットカードで済ませる人が多い。

MMD研究所が18~69歳の男女4万8208人を対象に実施した調査の結果

 非接触決済(NFC Type A/B方式)はローソンが2018年9月から導入しており、コンビニ業界最大手のセブン‐イレブン・ジャパンによる導入は、キャッシュレス業界全体に大きな影響を与えるものと見られる。

■関連サイト

筆者紹介:金子 麟太郎

 14歳の頃から、パソコンやタブレットで作曲する。CD制作にも取り組むうちに、機械にも興味を持ち、2016年(20歳)からITに関連する企業を取材し、記事を執筆する活動を始める。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう