週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

一眼レフのニコン D780で外猫たちを撮る

2020年02月08日 15時00分更新

久々に使ったニコン D780
一眼レフは「写真を撮った感」がダイレクトでヨシ!

 久々に使ったフルサイズ一眼レフの「ニコン D780」。ミドルクラスのフルサイズ一眼レフともなると作りもしっかりしてるし操作性もいいしで、撮ってて懐かしい。懐かしいって言い方もひどいけど、個人的にはミラーレス一眼に完全にシフトしちゃったので、一眼レフでちゃんと撮るのは久しぶりなのだ。

冬の猫はくつろげる日向を見つけるのが上手。あまりに気持ちよさそうなので遠くからそっと。2020年2月 ニコン D780

 いやあ、光学ファインダーを覗いてシャッターを押すとミラーがガシャッと動いて撮影するっていう撮影感覚は、「今撮ったぞ」感がダイレクトに伝わって楽しいですな。

 というわけで、よく晴れた冬の昼、D780を持って歩いてたら、1階のベランダで気持ちよさそうに寝てる猫を発見。あまりに気持ちよさそうなので、起こさないようにそーっとそーっと撮影したのが冒頭写真。よく見るとスリッパを枕にしてる。このおうちに飼われてるのかそうじゃないのか分からないけど、このくつろぎっぷりからして、可愛がられてるのは間違いなさそう。これ以上近寄ると起こしちゃいそうだからそっと立ち去る。

 冬の晴れた日に猫に出会いたいと思ったら、人目につきづらい日向を探すのがコツ。トラックと塀の間にわずかにできた刹那的な日向でキジトラのハチワレが毛繕いしてた。カメラを向けると、それに気づいたのか顔を上げて目を細めてこっちを見てるのだけど、身体は毛繕い体制のままというのがなんともカワイイ。

ここが日向なのはたぶん1日に1時間くらいなんじゃないかと思うけど、そんなわずかな日向も見逃さないのが猫。2020年2月 ニコン D780

 ただ冬は日が短いし、太陽の位置が低いのでよい日向に出会えないこともある。というわけで次は日陰で見つけた猫。ちょっと遠くにいてこっちを見て警戒しているようだったので、あまり近づかずにそっと。安全な場所からこっちを観察してる感がなんとも渋い。フルサイズセンサーはピントの合う範囲が狭いので、前後をぼかした写真を撮りやすい。こんな構図でも前後がぼけてくれるおかげで猫が背景に埋もれない。

猫は通れても人間は通れない隙間の猫。じっとこっちを見る表情と鼻の頭の黒さがよい。2020年2月 ニコン D780

 ただ、本格的な一眼レフを持っちゃうと、どうしてもファインダーを覗いて撮ってたときのクセが出ちゃって、そうするとファインダーを覗いたまま最適な高さを求めて腰をかがめたりしゃがんだりひねったりと無意識にしちゃうから……腰にクるのである。一眼レフは健康に悪い、と思う。この歳になると。

 D780はチルト式モニターで、ライブビューでも快適に撮れるんじゃないかと思い出して地面すれすれに構えてみたりするのである。

地面すれすれに構えてD780のライブビューで猫を撮るの図。こう構えるときは親指シャッターが押しやすい

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう