週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

LG G8X ThinQの2画面活用は思ったよりも難しくない!

2020年02月08日 12時00分更新

ライトユーザーも検討の価値アリの
「LG G8X ThinQ」

 今回紹介するスマホは「LG G8X ThinQ」(LGエレクトロニクス製)です。6.4型の有機ELディスプレーを搭載し、プロセッサーはSnapdrangon 855、メモリーは6GBというハイエンドモデルです。さらに、同梱の「LGデュアルスクリーン」を取り付けると、折りたためる2画面スマホに変身するという、うれしいアドバンテージも備えています。

 となると、お値段もそれなりに……と思いがちですが、ソフトバンクでの実勢価格は5万4440円。この価格なら、ソフトバンクのユーザーでなくても気になりますよね? というわけで、2画面スマホの使い勝手を試しました。

合体すると重さは約331gとヘビー級

 1画面でも十分に満足できるスペックを備えたLG G8X ThinQですが、買ったらすぐに「LGデュアルスクリーン」を着けたくなるはずです。それが、この端末の醍醐味ですからね。

 LGデュアルスクリーンにはUSB Type-Cの端子があり、そこにLG G8X ThinQ本体に差し込んでドッキングします。簡単かつしっかりと装着でき、ただディスプレーを追加するのではなく、“カバー付きの2面スマホ”になる印象です。折りたたみ時は約15mmの厚さで、重さは約331gにもなります。手にずっしりとくる重さで、ポケットに入れて持ち歩くにも難あり。バッグに入れて持ち歩くべき端末でしょう。

「LGデュアルスクリーン」のUSB Type-C端子を本体に挿して合体させる

2画面スマホにすると、ずっしりとした重さを感じる

 LGデュアルスクリーン側のディスプレーも、LG G8X ThinQ本体と同じ6.4型の有機ELで、解像度は2340×1080ドット。LG G8X ThinQに4000mAhのバッテリーを内蔵し、そこからLGデュアルスクリーンに給電される仕様。そのためLGデュアルスクリーン側のほうが、かなり薄くなっています。結果として、机に置いてPCライクに開いて使う時や、両手持ちでゲームを楽しむ時などの安定性が良い印象です。

360度回転のヒンジを搭載し、自由な角度で使える

このように山折りにして、卓上に立てて動画を見たりすることも可能

 LG G8X ThinQ本体の左右にあるボタンは、LGデュアルスクリーンを装着した状態でも操作できます。ただし、LGデュアルスクリーンを装着するとUSBケーブルは挿せなくなります。充電時には同梱の変換アダプターを使う必要が生じます。

「LGデュアルスクリーン」を取り付けた状態の底部。左側の穴にはイヤホンを挿せる。右側はスピーカー

LGデュアルスクリーンを装着したままで充電するには、同梱のアダプターが必要

背面のデュアルカメラは、LGデュアルスクリーンを付けたままで使える

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう