週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

CES 2020でMSIが公開した300Hz対応ノートPCやサブ液晶つき湾曲ディスプレー

2020年01月14日 21時45分更新

サブ液晶とコントロールダイヤル装備の湾曲ディスプレー

 曲率2300R(半径2300mmの円に近似する曲がりの大きさ)の湾曲パネルを採用する液晶ディスプレー「Optix MEG381CQR」も発表された。「ウルトラワイド」と呼ばれるアスペクト比21:9で、ゲーム向けの豪華な仕様を盛り込んでいるモデルとなる。

本体のベゼル左下にあるのがサブディスプレーと「Control Dial」

 主なスペックは、解像度3840×1600ドット、リフレッシュレート144Hz、応答速度1ms、パネル方式はIPS。本体のベゼル左下部分には小型のサブディスプレーと「Control Dial」と呼ばれるダイヤルを配し、設定の変更に加え、設定した地域の気象情報やプレイ中のゲームの情報などを確認できる。

 たとえばゲームをしながらサブディスプレーに体力などの情報を表示し、あえてゲーム側のUIを消す、といったこともできる。対応するかどうかはゲームによるようなので、すべてのゲームでこうした遊び方ができるわけではないが、他の製品にはないユニークな使い道があるのは間違いない。

 発売時期や価格は未定とのこと。

近未来的なデザインにも注目!

 発表されたデスクトップPCで目を惹いたのは、「MEG Aegis Ti5」。近未来的なフォルムのケースデザインと、本体正面に付いたダイヤル「Gaming Dial」が印象的だ。

 ダイヤルの中央部分には小型の有機ELディスプレーが用意されていて、「Optix MEG381CQR」のダイヤルと同じようにPCの情報を表示したり、LEDの設定を変更できる。やはり天候情報なども表示できるようだ。

 主なスペックは、CPUに第10世代のIntel Core i9プロセッサー、最大128GBのDDR4メモリー(DDR4-2666)、M.2 SSD×2、SATAストレージ×3(3.5インチベイ1台、2.5インチベイ2台まで)、GPUにNVIDIAのGeForce RTX 2080 Ti。インタフェースとしてはUSBのほか、最大で2.5Gbpsと1Gbpsに対応の有線LANを1つずつ、Wi-Fi 6対応ワイヤレスLAN機能を内蔵している。

 発売時期や価格は決まっていないが、2020年中には発売を見込んでいる。

●関連サイト

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう