週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

カメラも使い勝手も良し! 買う前に知っておきたい「Google Pixel 4」の本当の実力

2019年12月07日 12時00分更新

 今回レビューするスマホは「Google Pixel 4」。「シングルレンズなのに、背景ボケがキレイ!」「夜景写真がすごい!」と話題になったPixel 3の後継モデルです。新モデル・Pixel 4のセールスポイントも、やっぱりカメラ。デュアルカメラを搭載し、ズーム撮影も楽しめるようになりました。筆者は、Pixel 3を持っていて、カメラにも使い勝手にも満足していますが、Pixel 4に乗り替える価値はあるのか? 実際に使ってみた率直な感想を述べさせてもらいます。

Googleストアで購入できるSIMフリーのPixel 4は、64GBモデルが8万9980円、128GBモデルが10万3950円。ソフトバンクも取り扱っている

進化したカメラで
夜景を撮るのが楽しくなる

 アウトカメラは、標準(12.2MP/F1.7)+望遠(16MP/F2.4)という構成です。標準カメラのほうが画素数は少ないですが、画素サイズは1.4μm(望遠カメラは1.0μm)と大きく、「デュアルピクセル位相差検出式オートフォーカス」なるものを採用しています。デュアルピクセルとは、1つの画素に2つのフォトダイオードを持つことを意味し、実質的には2倍の画素を持つセンサーと捉えることもできます。まずは、筆者が撮った作例をご覧ください。

雲が多い日に屋外で撮影した作例

自然光が入らない飲食店で料理を撮った作例

「夜景モード」で撮影した作例

「ポートレート」で人物を撮影すると、背景がほどよくボケる

背景をぼかさない画像も同時に保存されるのが便利

実際に撮影して、Pixel 3からの進化を感じられたのが夜景。Pixel 3でも驚くほど明るくシャープな画質で撮れましたが、Pixel 4では、さらに解像感が増したというか、細かい部分まで鮮明に撮れるようになった印象です。

Pixel 3で撮った作例

Pixel 4で撮った作例。暗い状況での撮影ながら、駅舎の壁面や路面なども鮮明に撮影できた

 なお、Pixel 4には「デュアル露出補正」という機能が追加されています。撮影時に、明るさとコントラストをそれぞれ調整できる機能で、全体は暗めにして、明るいところだけを強調するといった、撮影者任意の調整も可能になりました。

撮影時に画面上に表示される2つのバーをなぞって明るさとコントラストを調整可能

 筆者は先日、中国・深センに行ってきたのですが、名物のライトショーの撮影でもPixel 4が活躍しました。実はiPhone 11 ProとHUAWEI Mate 30 Proでも撮ってみましたが、Pixel 4が一番きれいに撮れました。クリスマスシーズンのイルミネーションの撮影でも重宝しそうです。

深センのライトショーを撮った作例

 鮮明な画質でズーム撮影ができるのも魅力。標準カメラは77度、望遠カメラは52度の視野角で撮影できますが、スペックシートに「光学○倍」という表記はなく、2つのカメラの連携と超解像技術の組み合わせによって、最大8倍のズーム撮影ができる仕組み。実際に撮影してみると、8倍で撮っても画像サイズは変わらず、画質劣化も気にならず、日常的に使えるものでした。

標準で撮影

2倍で撮影

4倍で撮影

8倍で撮影

 インカメラはPixel 3では標準+広角の2つのレンズを搭載していましたが、Pixel 4はシングルレンズ。画素数は8MPでF値は2.0。90度の広い画角で撮影できます。シングルレンズながら、最大4倍のズームが可能で、アウトカメラと同じように「デュアル露出補正」も利用できます。さらに「ポートレート」で撮影すると、背景をぼかすことも可能。8MPと聞くと、さほど性能は良くないという印象を受けるかもしれませんが、実際には非常に使い勝手が良く、画質にも満足できる人が多いでしょう。

インカメラで撮影する場合も「デュアル露出補正」が使える

顔を補正する機能は少なめ。「ナチュラル」または「スムーズ」を選べるエフェクトと、自撮り用のフラッシュ照明(画面が明るくなって、レフ板の効果を果たす)があるくらいだ

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう