週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

Facebookが決済機能を追加しアメリカで提供開始

2019年11月13日 18時00分更新

 米Facebookは11月12日(現地時間)、新たな決済機能「Facebook Pay」を発表した。

 同社はすでにMessengerを使って銀行口座から友人に送金する機能「Messenger Payment」を提供しているが、Facebook Payでは、ユーザーが安全かつ簡単に決済できるような機能を目指すという。

 Facebook Payの支払い元には、クレジットカードやPayPalを設定できるほか、募金活動へ寄付したり、イベントチケットの購入などでも使える。

 Facebook Payのセキュリテイーについて同社は「Facebook Payで登録されたカード情報などは暗号化している」と説明している。

 開始当初はFacebookとMessengerかつ米国ユーザーに限り利用できる。今後はInstagramやWhatsAppでも使えるようにする計画で、提供する国も拡大させるとしている。

■関連サイト

筆者紹介:金子 麟太郎

 14歳の頃から、パソコンやタブレットで作曲する。CD制作にも取り組むうちに、機械にも興味を持ち、2016年(20歳)からITに関連する企業を取材し、記事を執筆する活動を始める。


この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう