週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

秋のヘッドフォン祭 2019レポート

ヘッドフォン祭Technicsイヤフォンに行列、並んで聴きたい音

2019年11月03日 13時00分更新

XJE-MH1R

Technicsブランドのイヤフォン「EAH-TZ700」

 パナソニックが、中野サンプラザで開催中の「秋のヘッドフォン祭 2019」で、Technicsブランドのイヤフォン「EAH-TZ700」を展示した。

 50mmダイナミックドライバー、14mmスーパーツィーターの2ウェイドライバー構成で、100kHzまでの超広帯域をカバーするとうたう。磁束の流れと、振動板の振動による空気の流れをスムーズにする新設計の磁気回路を搭載するほか、内部配線にも4N-OFCを採用するなど、ブランドのこだわりを詰め込んだ製品。IFA2019で発表されて以来、注目を集めていた。

コードリール機能を兼ねたケースが付属する

 EAH-TZ700がオープンなイベントで一般に公開されたのは初めて。11月15日の発売日より前に聴ける機会として、来場者が列を作って試聴機が空くのを待っていた。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう