週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

全画面で1億800万画素カメラ搭載スマホ「Mi MIX Alpha」爆誕

2019年09月28日 12時00分更新

何もかもが規格外の超絶ハイエンドスマホがシャオミから!

 10万円を超える超ハイエンドスマホといえば、9月6日に韓国で発売されたばかりの「Galaxy Fold」(サムスン電子)や、「HUAWEI Mate X」(ファーウェイ)が話題の中心だが、中国Xiaomiも9月24日(現地時間)独特の形状をしたスマホ「Mi Mix Alpha」を発表した。

※記事掲出時、折りたたみと記述しましたが折りたたみ型ではありませんでした。訂正してお詫びいたします。

 公式の画像を見ると、ディスプレーの左右に設けられたエッジがほぼ直角になっている。こうしたディスプレーは、ウォーターフォールとも言われており、「Vivo NEX 3」や「Huawei Mate 30 Pro」が採用している。

 一方、Mi Mix Alphaでは、ディスプレーが本体をぐるりと包み込むようなデザインを採用しており、ウォーターフォールディスプレーの先を行く、サラウンドディスプレーを特徴とする。ベゼルレスで未来を感じさせる印象だが、落下した時の画面割れが心配だ。

 また、ディスプレーの上に浮かび上がるようなパーツには、1億800万画素、2000万画素の広角、1200万画素の望遠を組み合わせた3つのカメラが搭載されている。Xiaomiによると、これらのカメラを使い、9024×12032ピクセルの解像度で写真を撮影できるという。

 OSはAndroid PieをベースにしたMIUI 11を搭載し、SoCにSnapdragon855+を採用。12GBのRAMと512GBのROMを内蔵している。

 バッテリー容量は4030mAhで急速充電にも対応する。サイズは約72.3×154.38×10.4mmで重量は241gと重量級だ。5Gに対応したモデルを中国で今年の12月に発売する予定で、価格は19999元(約30万円)となる。

■関連サイト

筆者紹介:金子 麟太郎

 14歳の頃から、パソコンやタブレットで作曲する。CD制作にも取り組むうちに、機械にも興味を持ち、2016年(20歳)からITに関連する企業を取材し、記事を執筆する活動を始める。


この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう