週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

アイディアを量産品にするまでサポート、ゼロイチ開発ASTINA

2019年08月26日 16時30分更新

ASTINAが開発した、オリジナルデザイン、設計のドローン

顧客の発想を、量産化できるようになるまでサポート

 ASCII STARTUPが8月26日、IoT/ハードウェアビジネスの体験展示・カンファレンスイベント「IoT H/W BIZ DAY 2019 by ASCII STARTUP」を、御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンターにて開催した。

 出展企業の中から、ASTINAのブースをレポート。ASTINAはハードウェア、ソフトウェアの設計、開発を主業務とする企業だ。自社製品としては、自動で衣服を畳んでくれるタンス「INDONE(インダン)」を開発。アジア圏最大級のIT・エレクトロニクスの見本市「CEATEC JAPAN 2018」に出店した経歴も持つ。

 それだけでなく、すでにDMM.makeとのVRシアターの共同開発や、VAQSOの「VAQSO VR」の設計、展示品開発に携わるなど、着実に経歴を積み上げている注目企業だ。

 同社では、製品を自社開発するだけでなく、他社のゼロイチ開発(ゼロからイチを生み出す開発)を多数受託している。コンサルタントからプロトタイピング、量産対応までをワンストップでカバーできるのが強み。また、AI開発や、AIとハードウェアを組み合わせソリューションの受託もしている。

 会場に展示されていた、同社開発のドローンも見せてもらったが、非常に完成度が高く、複数の企業から依頼を受けるのも納得の仕上がり。「これぞ!」というアイディアは持っているが、どのようにかたちにすればいいのかわからない企業や個人は、ぜひ公式サイトを参照してほしい。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう