週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

とろ祭りは終了:

スシロー「うににく祭」始まる! ウニ100円なのに高クオリティ!

2019年08月17日 19時00分更新

 スシローが8月9日(金)から8月25日(日)までの期間、「ごちそうだらけの、夏スシロー! とろうににく祭」を開催しています。

 8月16日(金)からは後半戦の「うににく祭」をやっており、いまはウニと肉だらけです。もう一回言います。ウニと肉だらけです。

「うににく祭」のネタは?

 「うににく祭」では新物濃厚うに包みが100円です。100円でウニが食べられます!!!

  • 新物濃厚うに包み(100円)
  • 肉うに(300円)
  • 上カルビ(150円)
  • 熟成肉の炙りサーロイン(300円)
  • 豚キムチーズ(100円)
  • とける!イベリコ豚のミルフィーユ(100円)
  • 濃厚うにまぜそば(380円)

 というわけで早速紹介していきましょう。

新物濃厚うに包み(100円)

 ウニです。それ以上でもそれ以下でもありません。

 食べると濃厚なウニの味と香り、そして巻いてある海苔の香りが口に広がります。これが100円、最高。

 個体差も問題ありません。いくつも食べましたが、いずれも100円以上のクオリティを出してます。このウニだけをずっと食べていたい。

肉うに(300円)

 続いて肉うにです。最近よく見ますよね、ウニと肉(レア)がマリアージュしたっぽいなにか。

 「あんな高いもの食べるお金、ないです……」って感じで食べたことなかったんですが、スシローでは300円で食べられます。安い。

 で、ワクワクしながら食べたところ……肉でした!

 ソースの香りが強いせいか、ウニの風味はちょっぴりに。もっと、この握りにはもっとウニが必要です!

 お肉は美味しかったです、はい。

上カルビ(150円)

 寿司屋で上カルビ。何を言ってるかわからないと思いますが、寿司屋で上カルビが出てきます。

 食べてみるとカルビ感がすごいです。マジで焼き肉を食べてるみたい。タレ漬けの牛カルビを食べてます。

 スシローが焼肉店を始める日も近いかもしれません。

熟成肉の炙りサーロイン(300円)

 回ってきたときに思いました。これ、食べるの大変そう。

 実際に大変でした。一口で食べるのは難しいです。難易度高。てんこ盛り祭りを思い出す。

 肝心の味は肉がちょっと薄いのとしっかり焼きすぎてて固いのでなんとも。。。

 大根おろしがのってるのでさっぱりのはずなんですが、重いんです。炙りサーロインというよりヴェルダンサーロイン。

豚キムチーズ(100円)

 豚キムチにチーズを追加したカロリー高そうな選手。

 調べてみたら今回のネタのなかで一番カロリー高かったです。さすが豚キムチ&チーズ。100円なのでカロリー重視のコスパは良さそう。

 辛さが最初にやってきて、チーズが後味でくるのでそんなに辛くはないです。美味しいですよ豚キムチ&チーズ。

とける!イベリコ豚のミルフィーユ(100円)

 薄い豚肉がミルフィーユ状に重ねられています。作るの大変そう。

 豚の脂のうまみがすごいです。一貫な理由がわかるレベル。あっさりしてるんですが満足感もあります。

 鼻に抜ける風味もすごくて、後味残ります。豚肉好きのジャスティス。好きな人は無限おかわりできそう。

濃厚うにまぜそば(380円)

 ウニのまぜそばです。

 ウニの姿も確認できます。

 まずはソースのみで食べました。はい、こいつはカルボナーラです。

 続いてウニと一緒に食べました。味はカルボナーラが強すぎますが、食後の香りはウニです。なんだこいつ。

 ちなみに醤油をかけると和風味になります。全部混ぜて食べるのが正解だったのかも?

期間限定ネタ

 続いて期間限定ネタです。期間限定ネタにもウニあります。

赤海老とうにの紹興酒漬けにぎり(150円)

 紹興酒漬けのエビにウニのってます。

 気になる味は……ウニの勝利! ウニパワー最強!

 紹興酒のアルコールはかなり少ないと思います。ウニの味と香りを楽しんだあとにエビの甘みがやってきます。

マダガスカル生えび(150円)

 次はエビ繋がりです。

 なんかエビが青いです。でも味はねっとり濃厚で濃い。これは美味しい。

 頭はどうしたらいいんでしょう? とりあえず箸で中身を食べてみましたが、普通にエビでした。エビエビ。

よだれ鶏にぎり(150円)

 思い出すだけでよだれが出るほど美味しいというよだれ鶏の握りです。

 ピリリとくる辛さが人気の料理ですが、スシローのこのよだれ鶏にぎりはそこまで辛くはないです。

 ネギの香りと食感のなかに醤(タレ?)が包まれていてやわらか。普通に美味しい。

まぐろ長芋包み(100円)

 ねっとり系のマグロの上に長芋を四角形に切ったものがのってます。サクサクとした長芋の食感がいいですよ。

 そのうえ長芋はあとから口のなかでとろろに変化するので、ねっとりが口を支配します。良き。

炙りとろサーモン(100円)

 炙ってあるとろサーモンです。いつものとろサーモンと比べて脂が落ちてるので食べやすい。

 あとしょうがものってるのでさっぱりしてます。

ゆず塩穴子一本にぎり(300円)

 売り文句どおりの味がします。

 食べ応えバツグンの穴子を、ゆずの香りと塩であっさり。穴子の旨味をしっかり感じられるので、穴子好きにおすすめです。

あわびの3貫食べ比べ(煮・蒸・生)(300円)

 あわびが3貫で300円、つまりあわび1貫100円というお寿司です。最高じゃないですか。

 まずは生から食べました。生なのでコリコリしてて美味しいです。大葉がついてる握りが生です。

 真ん中の肝ソースをかけてあるのが蒸し。歯ごたえは柔らかいんですが、肝ソースが濃いのであわび食べてる感あります。

 残った握りは煮です。こちらも柔らかめ。でも肝ソースの濃さが強かったせいか、味が少し遠かったです。

 生→煮→蒸の順番で食べるのが良いと思います。

琉球パフェ(300円)

 最後にデザートを紹介します。

 こちらの琉球パフェ、何が琉球かというとパフェにサーターアンダーギーとちんすこうがトッピングされています。それにピーナッツのキャラメリゼ。

 パフェのアイスも紫芋とココナッツと南国風味です。沖縄っぽい味。

爽快はちみつレモンパフェ(280円)

 レモンシャーベットとバニラヨーグルトアイスにはちみつがたっぷりかけられてます。

 甘酸っぱいし、なぜか甘じょっぱい。少し塩気を感じました(レモンのせい?)。夏を感じられる一品です。

光るゴールデンタピオカミルクティー_♪(280円)

 話題のタピオカがスシローにも進出です。

 ミルクティがかなり甘いですが、タピオカも黒糖入りなのかこちらも甘いです。甘い甘い尽くし。

 最後に氷が残ってしまうので、タピオカがちょっと食べづらかったです。飲みたい人は先に注文してゆっくり飲むと良いかも。

 味とは関係ありませんが、下からライトを当てるとタピオカが光ります。友達と食べに行くと楽しめそうですね。

 ちなみにいまはあまりの人気ぶりに入荷待ち状態になってます。復刻してから食べに行ってください。

 ※記事内の価格表記は「税抜」です。



筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

■関連サイト

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう