週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

肉、肉、肉! 重量級ハンバーグパティが魅惑

7年ぶり復活のガストバーガー「肉」の満足度が半端ない

2019年05月22日 18時00分更新

ファミレス、ガストの「ガストバーガー」。販売中です。

 ごきげんよう、アスキー編集部の記者ナベコです。突然無性にお肉が食べたくなる、そんな瞬間ありませんか。

 おいしい肉にガブッとかぶりつきたい、そんな時にオススメのファミレスメニューです。

「ガストバーガー」待望の復活

 ファミリーレストラン「ガスト」は、「ガストバーガー」を5月16日に発売しました。「肉祭フェア」のメニューのひとつで、7月10日までの期間限定です。(関連記事)

 ハンバーガーにポテトを添えて999円(税抜)。リーズナブルなメニューが多いガストの中では高額なほう。

 高いだけあって、ビーフ100%使用の、170gハンバーグパティをバンズで挟んだという本格的な仕立て。170gというとよくある標準的なハンバーグ一食分ほどあります。薄いパティではなく、単体でも満足できるくらいのボリュームがあるハンバーグをハンバーガーとして楽しめるとは。

 このガストバーガーはかつて登場して、終売以後復活を望む声が多かったというメニュー。このたび、ビーフ100%使用の約170gのボリュームパティへと進化して、2012年以来7年ぶりの復活です。待ち望んでいた人も多いのではないでしょうか。

170gの重量級ハンバーグパティが魅惑

 さっそく食べてみました!

進化したガストバーガー、いただきます!

 こんがりと表面を焼いた香ばしいごま付きバンズ。

 170gの肉厚重量級パティ。

パティが肉厚。

 チーズ、トマト、ピクルス、オニオンスライスなどがトッピング。

トッピングは、チーズ、トマト、ピクルス、オニオンスライスなど。オーソドックス。

 ポテトフライがひとつかみほど添えられています。

 写真だとわかりづらいかもしれませんが、なかなかに大きい。横に大ジョッキのビールがあったら素晴らしくそそるビジュアルになったなと妄想しちゃうくらい(昼だったのでビールは頼まなかったです。心残り……)

どっしり!

 手に持つと、どっしりとした重み。ファストフードの「ハンバーガー」を想像していると、段違いのボリューム感に驚くはず。

お肉のパワフルなおいしさが楽しめる!

 ひと口目はガブリと手づかみでいただきました。

 オーマイガッ。おいしい!

 食べた瞬間「お肉!!」という感想しかうかばないくらい、お肉の素晴らしい食べごたえ。牛100%のハンバーグパティは、ゴロゴロとした粒感ある歯ごたえで、赤身の風味を感じるパワフルな味わいでした。

 ほんのりサルサ系のソース。ただ、主体はソースではなく、あくまで塩気で旨みを引き出したハンバーグパティ。お肉本来の奥深いおいしさが軸になっています。

食べるごとにアメリカにいざなわれちゃう。本格的なおいしさ。

 トロリとしたチーズのコクがかさなり、加えて、トマトやオニオン、ピクルスのフレッシュな酸味。おいしい組み合わせです。一口ごとにアメリカにいざなわれそうなほど、本場アメリカを近くに感じちゃいました(記者はアメリカには行ったことないのですが、イメージです)。

 手でつかんで食べていると具材がこぼれてきてしまったので、最終的にはナイフとフォークでひと切れごと大切にいただきました。顔がほころぶ至福の時。

ポテトが添えられているがうれしい!

 ハンバーガーを食べ終わったら、ホクホクのポテトでフィニッシュ。ガストのポテトフライ(山盛りポテトフライ)は鉄板の人気メニューですので、セットで食べられてさらに胸がたかぶってしまいました。肉厚ハンバーガーにポテトでお腹いっぱい! 幸せ~!

ガツンとお肉をかぶりつきたい時に

 ガストバーガーはたかがハンバーガーと思ったら大間違い。牛100%の肉、肉、肉。完食すると細胞からお肉で満たされるようでした。みなさんも「肉食べたい!」という時に召し上がってみてはいかがでしょうか。

プラス300円でダブルパティにもできます!

 さらにもっと肉を食べたい、という人はプラス300円(税抜)でハンバーグパティ2倍の「ダブルパティ」にもできます。かなりどっしりした食べごたえだろうなあ。

 お酒好きの人はディナータイムに行って、ビールと一緒にパクパクつまむのもオススメですよ。



■「アスキーグルメ」やってます

 アスキーでは楽しいグルメ情報を配信しています。新発売のグルメネタ、オトクなキャンペーン、食いしんぼ記者の食レポなどなど。コチラのページにグルメ記事がまとまっています。ぜひ見てくださいね!

書いた人:記者ナベコ

デジタル媒体アスキーでなぜか食べ物の記事ばっかり手掛けている人。3度の飯を食らいつつ酒をがんがん飲んでいる。好きなジャンルはビール、ウイスキー、焼酎、日本酒、ワインなど高アルコール全般。苦手なお酒は甘いカクテル全般とスピリタス。酒豪ではなきにつき鯨飲した翌日はSNSからも消える。Facebookやっています。

■関連サイト

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう