週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

きみだけのごはんとおかずの組み合わせを作り出せ:

500円で1000kcal ファミマ「てんこ盛弁当」大満足ってレベルじゃない

2019年03月25日 10時00分更新

しれっと1000kcalを超えてますね

わりとオーソドックスな外見です

 この手のお弁当が出るとネットでは「頭が悪い」とか「こういうのでいいんだよ」とか言われるわけですが、後述しますが、これ、けっして頭が悪いお弁当ではない。ただ、インテリジェンスが高そうには見えないのもわかる。どう見てもパワー系です。戦闘力が高そうです。実際、カロリーが高い。いくらぐらいだと思いますか。

500Wのレンジで加熱するなら2分45秒か……うん?

 答え、1009kcalです。まあ、外食でごはん系のメニューを注文すると、1000kcalを超えることもめずらしくはないですから、とりわけ不健康な路線ではないと思います。炭水化物が143.9gというのも、こんなもんかな、と。ぼく、おかしなこと言ってます?

1009kcalかあ……

個々の要素は普通なんです、量が多いだけで

おかずを手前に持ってきてもごはんの量が多いのがわかる。ふりかけは関西限定で販売されているときはのり玉子でしたが、赤しそに変更されています

 お弁当の中身を見ていきます。何はともあれごはんです。300g。最近のコンビニのお弁当は上げ底でごまかしているとお嘆きのあなたでも安心です。

300gのごはん

 ハンバーグ・コロッケ・唐揚げは全国発売にあたって改良されているとのこと。そうはいっても、コンビニのお弁当のレベルを大きく上回るほどではないように見えます。なんだったらすこし小さめにも思えますが、六品目もおかずが入っているので(ナポリタンと桜大根が数に入っているのがすこし納得できないというか、「付け合わせ」ではないかという気もしますが)、そこはぜいたくを言うところではないかも。498円ですし。

味がリニューアルしたとうたうコロッケ

ハンバーグはやや小さめ

付け合せはナポリタン。こちらも全国販売にあたり、ソテースパゲティーから変更したとのこと

 量が多いとはいっても、個々の要素は普通のお弁当です。ごはんと定番のおかずがあるだけです。そのため、食べる前に気をつけるべき点や、特筆すべきポイントなどはないように感じますよね。水やお茶などがあればいいんじゃないかな、と思うぐらい。むずかしいことは考えずにワシワシと食べればよい……と、考えていたのですが……。

どう……どうやって食べて……どう……

うおおおおおおおおお

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう