週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

LG製Android One X5はハイエンド級でコスパ良しの堀り出し物!

ハイスペックなAndroid Oneが登場!

 今回レビューするスマホはY!mobileからリリースされている「Android One X5」だ。Android Oneとは、発売から24ヵ月間に1回以上のOSアップデートを保証し、セキュリティーアップデートは毎月行なわれるというAndroidスマートフォン。Googleブランドで発売され、AndroidのシンプルなUIで、標準アプリだけをプリインストールするという、わかりやすさもセールスポイントとしている。

 日本ではY!mobileだけが取り扱い、ミドルクラスのモデルが中心だったのだが、Android One X5はLGエレクトロニクス製で、Snapdragon 835(MSM8988)を搭載するハイエンドモデルだ。

 Android One X5の一括払い価格は8万3484円。結構な価格ではあるが、2年間の月額割引(月額1512円)が適用され、さらに1年間は「ワンキュッパ割」(月額1080円)もあるので、実質負担金は3万4236円。Y!mobileは3大キャリアよりも料金が安いこともあり、毎月のランニングコストは比較的安く抑えられるはずだ。

大画面ながら、持ちやすいサイズ感

 Android One X5の画面サイズは6.1型。アスペクト比は19.5:9で、解像度は3120×1440ドット。他メーカー製品も含め、現在購入できるスマホの中でもトップクラスの高精細ディスプレーといっていいだろう。実際に、ディスプレーの描写力は高く、写真を表示した際には細部までキレイに見えて、ウェブページや地図上の小さな文字もクッキリと表示される。

サイズは約72×153×7.9mmで、重さは約158g。片手で楽につかめるサイズ感だ

 ディスプレーの上部は、昨今のトレンドであるノッチ(切り欠き)があり、そこにインカメラと受話口を搭載。左右のベゼルは2mmほどあるのだが、ボディー幅は約72mmに抑えて、持ちやすいサイズ感を実現している。

 カラーバリエーションはニューモロッカンブルーとミステックホワイトの2色から選べる。筆者が試用したのはニューモロッカンブルーだが、背面パネルは微細な研磨が施されて、落ち着いた光沢を放つ。サラサラとした手触りが心地よく、指紋も付着しにくい。手にしただけでハイエンドモデルであることを、すぐに実感できる仕上がりだ。

ニューモロッカンブルーの背面

ミステックホワイトの背面

 背面には約1600万画素のカメラと、指紋センサーを搭載。電源ボタンは右側、音量ボタンは左側という配置で、底部にはType-CのUSBポートのほか、独立したイヤフォンジャックも備えている。

指紋センサーは人差し指が触れやすい位置にある。なお、顔認証には非対応

電源ボタンは本体右側に搭載

本体左側には音量ボタンとGoogleアシスタントボタン

底部にはUSB Type-Cポートと35mm穴のイヤホンジャック

SIMスロットには、nanoSIMとmicroSDカード(最大512GB)をセットできる

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう