週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

GalaxyのケースやSIMもある! 韓国の100円ショップがパラダイス!

2018年12月24日 10時00分更新

文● 山根康宏 編集●ASCII編集部

ケーブルはもちろん、ヘッドフォンも売っている

 他にもヘッドフォンやUSBケーブルなどが売られているのは日本の100円ショップと同じです。なぜかエレコムのUSB Type-C変換コネクターが3000ウォンで売られていましたが、日本製でもあるし安心して使えますね。PC系のアクセサリーは韓国で有名なTGブランドのものもあるなど、しっかりしたものも売られています。

エレコム製のUSB Type-Cアダプタは約300円

 ところで韓国にも多数のMVNOがあります。大手キャリアも含め、韓国では契約時にSIMカード代金として5000ウォン(約500円)がかかります。意味合いは違いますが、日本の新規手数料のようなもので必ず必要です。韓国のMVNOは実店舗や郵便局、ネットなどで契約ができますが、1000ウォンショップの中にはMVNOのSIMを販売しているところもあるのです。

MVNOのSIMも販売。パッケージは統一

 SIMカードはどれも定価通りの5000ウォン。パッケージにある「SK」「KT」「U+」はそれぞれ親となるMNO回線で、「Amobile」「freeT」「smartel」などがMVNOキャリア名。残念ながらプリペイドではなく契約回線。これを買って自宅などでオンライン登録して使えるようになります。そのため外国人は利用できません。

 料金はさまざまですが1GBで月1000円前後が多いようです。一番バリエーションのあるAmobileは100MB/月で1100ウォン(約110円)、10GB/月でも3万8940ウォン(約3890円)。毎月の維持費が安い100MBプランが外国人でも契約できたら、韓国用に1枚キープしたくなります。

Amobileの料金。超低利用から高利用まで用意

 韓国で通信したい場合は大手キャリアのローミングを使ったり、韓国の空港でプリペイドSIMカードを買う、あるいは日本のAmazonなどでタイ・AISのローミングSIMカードなどを買うなど方法はいくらでもあります。1000ウォンショップで見つけたこれらのMVNOのSIMは、使うことはできませんが、買うことは可能です。なので韓国旅行の変わったお土産に買っていく、なんてのもいいかもしれません。もちろん渡す相手はスマートフォンマニアに限られますが。

使えなくても買ってしまうのがSIMカードマニアの性(さが)

山根康宏さんのオフィシャルサイト

「スマホ好き」を名乗るなら絶対に読むべき
山根博士の新連載がASCII倶楽部で好評連載中!

 長年、自らの足で携帯業界を取材しつづけている山根博士が、栄枯盛衰を解説。アスキーの連載「山根博士の海外モバイル通信」が世界のモバイルの「いま」と「未来」に関するものならば、ASCII倶楽部の「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」は、モバイルの「過去」を知るための新連載!

 「アップルも最初は試行錯誤していた」「ノキアはなぜ、モバイルの王者の座を降りたのか」──熟練のガジェットマニアならなつかしく、若いモバイラーなら逆に新鮮。「スマホ」を語る上で絶対に必要な業界の歴史を山根博士と振り返りましょう!

→ASCII倶楽部「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」を読む

ASCII倶楽部は、ASCIIが提供する会員サービスです。有料会員に登録すると、 会員限定の連載記事、特集企画が読めるようになるほか、過去の映像企画のアーカイブ閲覧、編集部員の生の声を掲載する会員限定メルマガの受信もできるようになります。さらに、電子雑誌「週刊アスキー」がバックナンバーを含めてブラウザー上で読み放題になるサービスも展開中です。

→ASCII倶楽部の詳細はこちらから!

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう