週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

シャオミに買収されたMeituのスマートフォンの現状を見る

2018年12月20日 10時00分更新

文● 山根康宏 編集●ASCII編集部

オリジナルキャラを立ち上げるも
微妙に不発のまま

 一方、Meituのキャラクターマスコット「Meitu Family」を生み出しキャラクターグッズ展開もしています。以前はキャラクターのフィギュアもありましたが、現在は取り扱いはないようです。今年になって新しいキャラクターを2つ追加し、キャラクタービジネスの新たな展開も目指しました。

 しかし、Meitu全体としてはこのMeitu Familyを使うよりも、端末でコラボした日本のアニメキャラに頼る販売戦略を強めており、新キャラクターの投入は「打開策をなにかしら見つけたい」と考えた上での苦肉の策だったように思えます。

2015年から展開しているMeitu Family

 それは新キャラクターをあしらったiPhone 8用ケースを出していることからもわかります。Meituのスマートフォンを使ってくれなくても、せめてキャラクターを愛してほしい、そう願ってあえてライバルであるiPhoneのケースを販売しているのですが、新キャラクターそのものが認知されていない状況ではケースの売れ行きもしれていたでしょう。

新キャラクターのiPhone 8ケース

 Meituは他にも女性向けデザインのBluetoothシャッターリモコンやセルフィーライトなども販売中。さらには肌の健康状態を測定する肌チェック機という、美顔アプリメーカーらしい製品も出しています。シャオミのスマートフォン拡販戦略のためには、Meituブランドのスマートフォンだけではなくこれらのアクセサリーや周辺機器も女性向けに展開すべきでしょう。

女子向け周辺機器はシャオミ傘下になっても出してほしいもの

山根康宏さんのオフィシャルサイト

「スマホ好き」を名乗るなら絶対に読むべき
山根博士の新連載がASCII倶楽部で好評連載中!

 長年、自らの足で携帯業界を取材しつづけている山根博士が、栄枯盛衰を解説。アスキーの連載「山根博士の海外モバイル通信」が世界のモバイルの「いま」と「未来」に関するものならば、ASCII倶楽部の「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」は、モバイルの「過去」を知るための新連載!

 「アップルも最初は試行錯誤していた」「ノキアはなぜ、モバイルの王者の座を降りたのか」──熟練のガジェットマニアならなつかしく、若いモバイラーなら逆に新鮮。「スマホ」を語る上で絶対に必要な業界の歴史を山根博士と振り返りましょう!

→ASCII倶楽部「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」を読む

ASCII倶楽部は、ASCIIが提供する会員サービスです。有料会員に登録すると、 会員限定の連載記事、特集企画が読めるようになるほか、過去の映像企画のアーカイブ閲覧、編集部員の生の声を掲載する会員限定メルマガの受信もできるようになります。さらに、電子雑誌「週刊アスキー」がバックナンバーを含めてブラウザー上で読み放題になるサービスも展開中です。

→ASCII倶楽部の詳細はこちらから!

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう