週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

特定の場所ではロック解除を不要にするXperiaテク

2018年08月29日 10時00分更新

 最近のXperiaシリーズは、指紋認証センサーを搭載しているのでロック解除をスムーズにできます。とはいえ、使うたびに毎回毎回ロックを解除するのは面倒。自宅など安心して使える場所ではロックなしで使いたいと思うユーザーも多いはず。そこでオススメなのが「Smart Lock」機能です。

 まずは設定を起動して「ロック画面とセキュリティー」から「Smart Lock」へとアクセスします。

設定にある「ロック画面とセキュリティー」をタップ

「Smart Lock」は「機器のセキュリティ」にある

 Smart Lockには「持ち運び検知機能」や「信頼できる場所」といった項目が用意されています。たとえば「持ち運び検知機能」ではオンにしておくと、手に持っていたり持ちながら歩いていたりといった動きをXperiaが検知してロックがかからないようにしてくれます。

 これなら地図を確認しつつ移動といったときに、画面がオフになったときもロック解除の動作なしでディスプレーをオンにできます。

Smart Lockで利用できる機能の一覧

「持ち運び検知機能」をオンにすると、手に持っているときはロックがかからないようになる

 また「信頼できる場所」は、指定した位置から80mの範囲はロックが不要にできる設定です。位置の設定はGoogleマップに自宅を登録してあれば、自動でリストアップされるので、タップしてオンにするだけ。そのほかの地点は「信頼できる場所の追加」をタップすると地図画面に切り替わり、場所を指定できるようになっています。

Googleマップに登録されている自宅はワンタッチで設定可能

「信頼できる場所の追加」から地図画面で特定の場所を指定できる

 これで自宅にいるときはロック画面を出さずにXperiaが使えます。そのほか「信頼できる端末」は、連携しているBluetooth機器を接続しているときだけ、ロック不要にできる機能。たとえば自室のBluetoothスピーカーを指定しておけば、自室ではロック不要といった具合に使えます。

Bluetooth機器をトリガーにしてロックを解除した状態にできる

 これらの機能をいろいろと組み合わせることで、ロック不要な状態を細かく設定することができます。画面ロックの解除がわずらわしいと感じているユーザーは設定してみましょう!

※Xperia XZ2 Premium SO-04K/Android 8.0.0で検証しました。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう