週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

行けなくなったホテル予約は「Cansell」で売買できる

2017年11月16日 06時30分更新

「ガチっとスタートアップ」は、ガチ鈴木が日々の取材で見つけたスタートアップの中から、個人的にググッときたサービス、プロダクトを紹介するコーナーである。

 「Cansell」は、行けなくなったホテル予約の販売・購入ができるウェブサービスだ。同名のCansellが運営しており、キャンセル(Cancel)を売ることができる(can sell)が名前の由来となっている。

 キャンセルしたい人は支払うべきキャンセル料が軽減され、泊まりたい人は定価よりも安い価格で宿泊することが可能。またホテルは、空くはずだった部屋を稼働させることができるため、売り手・買い手・宿泊施設の三方にメリットがあるサービスだ。

 やむをえない事情でホテルをキャンセルしてしまった場合、指定のアドレスに予約確認メールを転送するだけで出品完了。同社の確認を経て、購入者は予約を買うことができる。名義変更などの面倒な手続きはCansellがすべて対応する。

 個人間取引ではなくCansellが間に入り適切に審査することで、ダフ屋行為や信頼性のない権利の売買を排除する体制をとっており、安心・安全な取引を実現している。

 なお、予約は出品できるだけでなく、Cansellに買取ってもらうことも可能だ。査定された買取金額を受け取ることができるので、手間なく確実にお金を受け取りたい人に向いている。

■関連サイト

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう