週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

GeForce GTX 1070 Tiは中身も性能もほぼGTX 1080だった

2017年11月02日 22時00分更新

文● 加藤勝明 編集●北村/ASCII編集部

定格でもGTX 1080に肉薄する性能

 それでは実ゲームベースのベンチマークで比較してみよう。まずは「ファイナルファンタジーXIV:紅蓮のリベレーター」の公式ベンチマークを使用する。画質設定は“最高品質”とし、ベンチ終了時に示されるスコアーのほか、テスト中の平均fpsも比較する。

「ファイナルファンタジーXIV:紅蓮のリベレーター」公式ベンチのスコアー

「ファイナルファンタジーXIV:紅蓮のリベレーター」公式ベンチの平均fps

 FF14の描画エンジンはGeForceに非常に有利である一方、Radeonとは相性が悪いためVega 56のスコアーが低いのは驚くに値しない。FF14だけ見ればGTX 1070でもRadeonに十分対抗できるパワーはあるが、GTX 1070Tiでさらにダメ押しといった印象だ。Founders EditionもColorful製も定格使用であってもGTX 1080にかなり近く、OCすれば“ほぼGTX 1080並”になることが確認できた。

 続いてはヒーロー系FPS「Overwatch」でチェックする。マップ“King's Row”におけるBotマッチを遊んだ際のフレームレートを「Fraps」で計測した。画質は“エピック”、レンダー・スケールは100%に固定している。

「Overwatch」1920×1080ドット時のフレームレート

「Overwatch」2560×1440ドット時のフレームレート

「OverWatch」3840×2160ドット時のフレームレート

 手動計測なので誤差があるが、OCしない状態ならGTX 1080>GTX 1070Tiになること、さらにGTX 1070TiをOCすれば、GTX 1080と同等以上の性能になる点が確認できた。

 定格状態ならFounders EditionとColorful製のカードに大きな差はないが、OCするとPower Limitを132%まで上げられるColorful製のカードの方が伸びている。価格次第ではあるが、リスクを承知で手動OC前提なら高性能クーラーを搭載したGTX 1070Tiカードは狙い目といえるだろう。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう