週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

iPhone 6/6s→iPhone Xに買い替えは10個のいいことで世界が変わる!

2017年10月27日 12時00分更新

【iPhone Xにするといいこと その6】
Face IDで安全にロック解除できる!

 iPhone X最大の特徴といえば、進化した顔認証システム「Face ID」だ。これまでも顔認証搭載のスマホはあったが、写真や双子でロック解除できてしまったり、メガネの有無で認証速度が違ったりと、精度の面では指紋と比べてやや不安が残るものだった。しかし、Face IDはTrueDepthカメラで顔の凹凸を判別して、双子でもロック解除できないという。

 iPhone 6/6sの指紋認証「Touch ID」もスピーディーで便利だったが、アップルが発表会で見せたFace IDへの自信を見ると、iPhone Xに期待せざるを得ないだろう。

これは顔認証を利用した「Animoji」。ユーザーの表情通りアニメーションする。Face IDはアップルが満を持して搭載した生体認証。Touch ID以上の実力を見せてくれそうだ。写真:石川 温

【iPhone Xにするといいこと その7】
キャッシュレスでタッチして決済できる!

 iPhone 7からFeliCaチップが搭載され、それはiPhone Xにも引き継がれている。これでiPhone Xでもコンビニや自動改札などでApple Payを使ってキャッシュレスで支払いができる。

 Androidスマホでは以前からFeliCaやNFCが搭載されていたこともあり、スマホで支払いを済ませている人も多かったが、iPhoneが搭載したことでさらにキャッシュレス化は加速している。もう現金は持ち歩かず、支払いはiPhone Xに一括してみてはいかがだろうか。

このようにピッと改札が通過できるようになる

【iPhone Xにするといいこと その8】
もうケーブルを挿しての充電は古い! Qi対応

 iPhone 8ではQi準拠のワイヤレス充電に対応したが、それはiPhone Xでも同じ。充電台に載せるだけでバッテリーをチャージできるようになった。Lightningケーブルを探して端子に挿して充電、という流れから開放されるのである。

 筆者のiPhone 6s Plusがそうなのだが、2~3年経ったiPhoneはそろそろバッテリーがヘタってきている頃。何もしてないないのに、いつの間にかバッテリーが減っていることもある。バッテリーをリフレッシュする意味でも、iPhone Xに買い替えて同時に最新のQiを体験しよう。

Qi自体も前からあったが、アップルが採用したことで普及していくことだろう

【iPhone Xにするといいこと その9】
さらにワイヤレス! イヤホン端子がない

 個人的には音楽はワイヤードで聴きたい派なのだが、イヤホン端子がなくなったことを支持するユーザーも多い。たしかにイヤホンケーブルはバッグの中で絡まるし、満員電車で誰かに引っかかるし、そのうち断線するしでデメリットもある。もちろんワイヤレスイヤホンも無くしやすかったり、充電が切れると使えなかったりといったデメリットがあるがケーブルの煩わしさに比べれば、便利だといえる。

 またアップルがイヤホン端子を無くしたということは、今後スマホはその方向性へと進んでいくのかもしれない。そんな未来を体験できるのもiPhone Xならではといえる。

イヤホン端子がなくなったことでケーブルから開放された

【iPhone Xにするといいこと その10】
まったく新しい操作方法を体験できる!

 これまでのナンバリングモデルと違って、iPhone Xではホームボタンがなくなったので、操作体系が大幅に変わる。Androidでは戻るキーやホームキーなどが表示されるが、iPhone Xはスワイプを多様する。たとえばホームに戻るには画面下から上に向かってスワイプ、コントロールセンターは右上から下に向かってスワイプなど。ほかにもスリープボタンと組み合わせたり、長押ししたり、スワイプの途中で止めたりなど、これまでのiPhoneとはまったく違う、新しいスマホの操作方法を体験できるのだ。

 最初は扱いづらいかもしれないが、慣れてくるととても快適に使えるのがiPhoneにいいところ。初めてiPhoneが出たときも、散々使いづらいと言われていたが、今ではすっかりスマホのスタンダードだ。今後はiPhone Xの操作方法がスタンダードになるかもしれない。そんな一足先の体験もできる、そうiPhone Xならね。

スワイプや長押しなどを使って独自の操作方法になる。写真:石川 温

もちろん残念な部分もある
仕方ないけど高すぎる!

 数字上はiPhone 8 Plusより大きな5.8型ディスプレーなのに、軽くて小さいiPhone X。こんな小さいボディーにノートPCと同等かそれ以上のスペックを詰め込んだスマホ。一見スキなしに見えるが、大きな問題がある。それはエクスペンシブなこと。64GBモデルでも税込で12万円ほど、256GBのモデルにいたっては14万円を超える。ここまで高いスマホは世界的に見ても珍しい。

 クレジットカードで一括払いをするときには、限度額を超えないか注意しないといけない。各キャリアも月に負担を下げようと48回払いのプランを出してきた。そんな金額なので、購入するのは思い切りが必要になるだろう。

 とはいえ、良いモノは高いのである。フェラーリだってポルシェだって、良い工業製品だから高いのだ。全画面ディスプレー、Face ID、ワイヤレス充電、FeliCa、防水・防塵、高機能カメラなどなど、アップルの最新テクノロジーの粋が詰まったスマホを14万円で買えると思えば、安くはないが高くもないだろう。たぶん……。

【参考】iPhone X/8とiPhone 6/6sのスペック比較

  iPhone X iPhone 8 iPhone 8 Plus
容量 64/256GB
ディスプレー 5.8型有機EL 4.7型液晶 5.5型液晶
画面解像度 2436×1125
ドット
1334×750
ドット
1920×1080
ドット
画素密度 458ppi 326ppi 401ppi
コントラスト比 100万:1 1400:1 1300:1
サイズ 70.9×143.6
×7.7mm
67.3×138.4
×7.3mm
78.1×158.4
×7.5mm
重量 174g 148g 202g
CPU Apple A11、M11
カメラ 12メガ×2
/F値1.8、2.4
12メガ
/F値1.8
12メガ×2
/F値1.8、2.8
インカメラ 7メガ/F値2.2
動画撮影 4K/60fps、フルHD/240fps、フルHD(イン)
手ぶれ補正 ○(光学式)
生体認証 ○(顔) ○(指紋)
販売キャリア ドコモ、au、ソフトバンク、SIMフリー
4G対応周波数
(ドコモ)
2.1GHz(1)/1.8GHz(3)
/800MHz(19)/3.5GHz(42)
4G対応周波数
(au)
2.1GHz(1)/800MHz(18)
/WiMAX 2+(41)/3.5GHz(42)
4G対応周波数
(SB)
2.1GHz(1)/1.8GHz(3)/900MHz(8)/AXGP(41)
最大通信速度 下り800Mbps
VoLTE
Wi-Fi a/b/g/n/ac MIMO対応(2.4/5GHz)
防水防塵
3D Touch
FeliCa
SIMサイズ nanoSIM
コネクター Lightning
通話時間 21時間 14時間 21時間
ネット利用時間 12時間 12時間 13時間
連続再生時間
(ビデオ/音楽)
13時間
/60時間
13時間
/40時間
14時間
/60時間
ワイヤレス充電
カラバリ スペースグレイ、シルバー ゴールド、シルバー、スペースグレイ
  iPhone 6s iPhone 6s
Plus
iPhone 6 iPhone 6
Plus
容量 16/64/128GB 16/64/128GB
ディスプレー 4.7型液晶 5.5型液晶 4.7型液晶 5.5型液晶
画面解像度 1334×750
ドット
1920×1080
ドット
1334×750
ドット
1920×1080
ドット
画素密度 326ppi 401ppi 326ppi 401ppi
コントラスト比 1400:1 1300:1 1400:1 1300:1
サイズ 67.1×138.3
×7.1mm
77.9×158.2
×7.3mm
67×138.1
×6.9mm
77.8×158.1
×7.1mm
重量 143g 192g 129g 172g
CPU Apple A9、M9 Apple A8、M8
カメラ 12メガ/F値2.2 8メガ/F値2.2
インカメラ 5メガ/F値2.2 1.2メガ/F値2.2
動画撮影 4K/30fps、
HD(イン)
フルHD/60fps、
HD(イン)
指紋認証 ○(第2世代)
販売キャリア ドコモ、au、ソフトバンク、
SIMフリー
ドコモ、au、ソフトバンク、
SIMフリー
4G対応周波数
(ドコモ)
2.1GHz(1)/1.8GHz(3)
/800MHz(19)?
2.1GHz(1)/1.8GHz(3)
/800MHz(19)
4G対応周波数
(au)
2.1GHz(1)/800MHz(18)
/WiMAX 2+(41)?
2.1GHz(1)/800MHz(18)
/WiMAX 2+(41)
4G対応周波数
(SB)
2.1GHz(1)/1.8GHz(3)
900MHz(8)/AXGP(41)?
2.1GHz(1)/1.8GHz(3)
900MHz(8)/AXGP(41)
最大通信速度 下り300Mbps 下り150Mbps
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac MIMO対応
(2.4/5GHz)
802.11a/b/g/n/ac
(2.4/5GHz)
SIMサイズ nanoSIM nanoSIM
コネクター Lightning Lightning
通話時間(3G) 14時間 24時間 14時間 24時間
連続待受時間 10日 16日 10日 16日
ネット利用時間
(3G/LTE)
10時間
/10時間
12時間
/12時間
10時間
/10時間
12時間
/12時間
連続再生時間
(ビデオ/音楽)
11時間
/50時間
14時間
/80時間
11時間
/50時間
14時間
/80時間
カラバリ シルバー、ゴールド、スペースグレイ、ローズゴールド シルバー、ゴールド、スペースグレイ

■関連サイト

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう