週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

Android版は近日公開予定

iOSとAndroid向けのEdgeがお目見えした

 Windows 10の最新情報を常にウォッチしている探偵・ヤナギヤが、Windows 10にまつわるギモンに答える本連載。

 基本技から裏技・神技、最新ビルドのInsider Previewの情報まで、ドド~ンと紹介します。

iOS版とAndroid版のEdgeブラウザーアプリが発表された

監視報告
iOSとAndroid向けのEdgeがお目見えした

 2017年10月5日、マイクロソフトはiOSとAndroid向けのEdgeブラウザーを発表した。Windows 10 Fall Creators Updateで搭載される「Continue on PC」(「第298回 iPhoneからWindows 10にウェブページがシェアができるようになった」を参照)に対応し、スマホアプリで見ているウェブページを、PCに飛ばすことができる。出勤中に見ていたウェブページの続きを、オフィスの席に着いてから読めるようになるのだ。

スマホで閲覧しているウェブサイトをPCに表示できる。※GIFアニメが表示されない場合は、ASCII.jpをPC表示にしてご覧ください

 iOS版はすでに「TestFlight」のプレビュー版として公開されており、Androidのプレビュー版も近日公開予定。マイクロソフトのサイト(https://www.microsoft.com/en-us/windows/microsoft-edge-mobile)から登録しておけば、公開時に通知がもらえるようになる。どちらもまずは英語のみの対応で、正式版の公開は年内予定とのこと。

Android版を利用するならマイクロソフトのサイトから登録しておこう

 今回のEdgeアプリのリリースは、Windows 10ユーザーがスマートフォンでも快適にウェブを閲覧できるように、という方針。Windows 10 Mobileの状況が芳しくないので、Windowsを忘れないでね、というアピールのようにも感じられる。

 ちなみに、マイクロソフトの副社長Joe Belfiore氏は10月9日のツイートで、「Windows 10 Mobileのバグ修正などのサポートは続けるが、新機能や新端末の開発にはフォーカスしない」と言及している。

これでズバッと解決!

 iOSに対応するEdgeのプレビューアプリが公開された。Android版も近日公開予定。


 Windows 10探偵団は毎週、月・水・日に更新します。お楽しみに!


この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう