週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

4Kの360度動画が撮れる! リコーの全天周カメラ最上位機「THETA V」発表

2017年09月01日 10時00分更新

「RICOH THETA V」。外観も重量もほとんど変わらないが、中身は大幅チェンジ!

「RICOH THETA V」。外観も重量もほとんど変わらないが、中身は大幅チェンジ!

 リコーは9月1日、360度カメラの新モデル「RICOH THETA V」を発表した。9月下旬発売予定で、予想実売価格は5万円台前半となる。

 現在の最上位モデルである「RICOH THETA S」のさらに上位という位置づけ。撮像素子を変更したことで4K(3840×1920ドット、30fps)の動画撮影が可能となった。4K 360度映像のライブストリーミング配信にも対応する。

 記録フォーマットも、従来のH.264に加えて最新のH.265をサポート。ただし、再生できる環境がまだ限られるため、当面はスマホアプリ側で使用できないようにするとのことだ。

 また、内部のシステムがAndroidベースとなり、処理チップにはSnapdragonを採用することで、基本性能を向上させつつ低消費電力を実現。

 画像処理アルゴリズムに同社の一眼レフの技術を応用しており、AEの精度向上やISO 3200までの高感度設定、1/25000秒のシャッタースピード設定などを実現している。

プラグインを使用し、ワイヤレスでディスプレーに360度映像を表示

プラグインを使用し、ワイヤレスでディスプレーに360度映像を表示

 さらに、「プラグイン」という形でシステムの機能拡張が可能。ワイヤレスディスプレーに対応し、無線で360度映像をディスプレーなどに送信する機能を実装するほか、無線式の外部メモリーリーダーに対応することが検討されている。

本体底面。THETA SにあったHDMI出力がなくなり、代わりにマイク端子が備わった

本体底面。THETA SにあったHDMI出力がなくなり、代わりにマイク端子が備わった

 内蔵の無線LANモジュールも変更され、伝送速度が静止画で3.2倍、動画で2.5倍高速化。無線LANは5GHzと2.4GHzを切り替え可能となっている。

 また、従来はスマホと1:1での接続だったが、新たにクライアントモードが追加され、無線LANルーターを介しての接続が可能になった。

 なお、出荷時の時点では転送時に画像変換を行なうため、従来機同様に転送完了までやや時間がかかるがが、年内に提供予定のファームウェアアップデートを適用することで、撮影後に変換を行なうように変更。その結果、転送時にはデータを変換することなく高速に処理でき、4K動画なら約12秒で転送できるようになるという。

 また、従来機種は加速度センサーのみを内蔵していたが、新機種はジャイロセンサーも搭載する。出荷時は間に合わないが後日のフォームウェアアップデートにより、撮影者の姿勢を検出してより高精度な天頂補正処理を行なえるようになる。

 無線LANに加えてBluetooth Low Energy(BLE)にも対応。サスペンド状態にあるRICOH THETA Vをスマホアプリなどからリモートで起動できる。

従来は本体上面だけだったマイクが側面にも内蔵された

 従来2ch(ステレオ)だった音声録音は4chとなり、独自の360度空間音声記録に対応。本体にマイクを4つ内蔵するが、同時発売の「3D マイクロフォン TA-1」(3万円台前半)を装着することで、より自然な音を収録できる。

別売の「3D マイクロフォン TA-1」。風防も付いてくる

装着すると、ものすごく長くなる

装着すると、ものすごく長くなる

 スマートフォンアプリは現在の「THETA S」を利用するが、こちらもバージョンアップで機能が拡大。ブラケット撮影が可能となるほか、動画記録モードに切り換えてもライブビューが表示できるようになる(撮影開始後は表示されない)。表示解像度も1000×500ドットと高解像度化される。

 なお、iPad Pro とair 2を除くiOS 10.3デバイスでは4K動画を転送できないとのこと。1つ古いバージョンのiOS 10.2では問題ないとのことだ。

THETA用水中ハウジング。水深30mまでの撮影が可能となる

THETA用水中ハウジング。水深30mまでの撮影が可能となる

 このほか、オプションとして水中ハウジングケース(実売価格 2万円台前半)も10月中旬に発売する。THETA Vだけでなく、既存のTHETA S/SCも対応する。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう