週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

マウスで操作できるキーボードが2通りある

Windows 10、タッチ非対応のPCでキーボードなしで入力する方法

 Windows 10の最新情報を常にウォッチしている探偵・ヤナギヤが、Windows 10にまつわるギモンに答える本連載。

 基本技から裏技・神技、最新ビルドのInsider Previewの情報まで、ドド~ンと紹介します。

タスクバーを右クリックし、「タッチキーボードボタンを表示」をクリック

調査依頼
マウスだけでキー入力できない?

 何らかの理由で突然キーボードが使えなくなった場合に備えて、マウスだけで操作する方法を覚えておいた方がいい。Windows 10には、マウスで操作できるキーボードが2つ用意されている。

アイコンをクリックする

日本語入力が可能

キーボードのレイアウトを変更できる

キーボードの位置を変えることもできる

 ひとつ目が「タッチキーボード」だ。タスクバーを右クリックし、「タッチキーボードボタンを表示」をクリックするとキーボードアイコンが現れる。このアイコンをクリックすると、タッチキーボードが表示され、マウス入力が可能になる。もちろん、日本語変換も可能だ。キーボードのデザインは標準のほかフリックやコンパクト、手書きなども選べる。初期設定では画面下部に固定されているが、メニューから設定を変更することでマウスで自由に設置場所を移動できる。

スタートメニューのアプリ一覧から「Windows簡単操作」→「スクリーンキーボード」を起動

特殊キーを含め、すべてのキーを利用できる

通常のウィンドウと同じようにサイズを変更できる

 もし、「Esc」や「Caps」「PrtScr」キーなどを含むフルキーボードを利用したいなら、スタートメニューのアプリ一覧から「Windows簡単操作」→「スクリーンキーボード」を起動しよう。小さなキーボードが開くが、通常のウィンドウと同じようにサイズを変更できる。変換も、キーボードの上ではなく、ハードウェアキーボード入力時と同じように入力画面上で行われる。

これでズバッと解決!

 タスクトレイの右クリックメニューからタッチキーボードを開くか、スタートメニューからスクリーンキーボードを起動する。


 Windows 10探偵団は毎週、月・水・日に更新します。お楽しみに!


この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう