週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

AROMA

最大12ユニット内蔵の香港AROMA製イヤフォン登場

2017年07月14日 16時20分更新

 トップウイングサイバーサウンドグループは7月14日、東京・秋葉原で開催する「ポタフェス2017」の会場で、香港「AROMA」の新イヤホンシリーズのプロトタイプを展示すると発表した。合わせて、アナログポータブルヘッドフォンアンプ「A10」向けの専用強化電源ユニットも展示する。

 イヤフォンは3モデルある。

 「初(Early)」は2ドライバーを搭載。中高域用のBAドライバー+直径8mmダイナミック型ドライバーを内蔵。感度は112dB/mW、インピーダンス14Ω、周波数特性20Hz-20kHzというスペック。

 「雙(Twins)」は合計7ドライバーで。超高域用にBA型×2基、高域用にBA型×2基、中域用にBA型×2基、低域用にBA型×1基を内蔵する。感度118dB/mW、インピーダンス22Ω、周波数特性20Hz~20kHz。

 「堯(Yao)」は合計12ドライバーで、超高域用にBA型×2基、高域用にBA型×2基、中域用にBA型×4基、低域用にBA型×4基を内蔵する。感度118dB/mW、インピーダンス16Ω、周波数特性20Hz~20kHz。

 専用強化電源は「PS100」という型番で、A10向けの強化電源であること以外の情報は公開されていない。

■関連サイト

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう