週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

本体のストレージ使用量を減らすXperiaテク

2017年07月12日 10時00分更新

 Xperiaを使用し続けていると、アプリのインストールや写真、動画、音楽など各種データで内蔵ストレージがいっぱいになってしまうことも。本体内蔵のストレージがいっぱいになると、アプリのインストールができなくなり、写真や動画も新しく撮影できません。XperiaシリーズはmicroSDカードが併用できるので、microSDカードに移動できるデータは移動させて、内蔵ストレージの空きをつくりましょう。

内蔵ストレージに写真や動画は保存され、かなりの容量を占有している

 写真と動画、音楽に関してはファイルの移動は簡単で、設定の「ストレージ」から「SDカードへデータ転送」をタップ。これで3つの種類のデータをまとめてmicroSDカードへ移動できます。ファイラーアプリでファイルを選んで移動先を指定するといった方法よりも手順が少なくてラクチンです。

「ストレージ」にある「SDカードへデータ転送」をタップ

画像と動画、音楽の3つのファイルをまとめて移動できる

移動が完了すると、内蔵ストレージの空き容量が拡大

 ちなみに「ストレージ」の「内蔵共有ストレージ」をタップすると、「アプリ」、「画像」、「動画」などジャンルごとに保存されているデータがどれくらいのサイズかわかります。さらにリストアップされているデータの種類をタップすると、そのデータをまとめて削除することできます。アプリのキャッシュなど不要な場合は消してしまえば、さらに内蔵ストレージの容量を確保できます。

内蔵ストレージに保存されている各種データの容量

タップするとまとめて削除できるジャンルもある

カメラアプリなどの保存先はあらかじめSDカードを選んでおこう

 大容量のmicroSDカードの価格も下がっているので、カメラアプリなどの保存先はあらかじめmicroSDカードにしておけば、内蔵ストレージを圧迫しないのでオススメです。

※Xperia Z5 Premium SO-03H/Android 7.0で検証しました。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう