週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

「ホームグループ」機能を使おう

Windows 10 PC同士でファイルをやりとりする方法

 Windows 10の最新情報を常にウォッチしている探偵・ヤナギヤが、Windows 10にまつわるギモンに答える本連載。

 基本技から裏技・神技、最新ビルドのInsider Previewの情報まで、ドド~ンと紹介します。

「ホームグループ」の設定画面を開き、「ホームグループの作成」をクリック

調査依頼
ファイルをLAN内の他のPCと共有したい

 ファイルをネットワーク経由で共有する方法はいくつかあるが、今回は簡単な「ホームグループ」を使う方法を紹介する。まずは検索フォームから「ホームグループ」と検索して、コントロールパネルを開く。そこの「ホームグループの作成」というボタンをクリックし、共有する項目を選ぶ。すると、作成したホームグループで利用するパスワードが表示されるので書き留めておこう。

ホームグループの説明が表示されるので「次へ」をクリックする

共有する項目を選択する。共有したくないものは「非共有」にすればいい

パスワードが表示されるので書き留める

 続いて、共有したい他のPCからホームグループを開く。もし、ネットワークの場所がパブリックになっていたり、共有の設定が無効になっている場合は、ネットワークをプライベートにして、共有機能をオンにしておく。他のメンバーと共有する項目を選び、パスワードを入力すれば完了。

共有したいPCでもホームグループの設定をする。ネットワークはプライベートで、ファイル共有機能をオンにしておく

検索されたホームグループに参加してみる

自分もどの項目を共有するか選ぶ

 エクスプローラの「ホームグループ」という項目から他のPC内にあるファイルにアクセスできるようになる。

他のPC内にあるファイルにアクセスできた。もちろん、相互にコピーできる


これでズバッと解決!

 「ホームグループ」機能を使えば、ネットワークの難しい知識なしにファイルを共有できるようになる。


 Windows 10探偵団は毎週、月・水・日に更新します。お楽しみに!


この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう