週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

マイクロソフトから修正ツールが公開されている

Windows Updateでエラーが出たときの対処法

 Windows 10の最新情報を常にウォッチしている探偵・ヤナギヤが、Windows 10にまつわるギモンに答える本連載。

 基本技から裏技・神技、最新ビルドのInsider Previewの情報まで、ドド~ンと紹介します。

「Windows Update トラブルシューティング」のリンクをクリックする

調査依頼
Windows Updateでエラーが出て困っている

 Windows 10のWindows Updateを実行したときに、エラーが起きることがある。再起動しても変わらないときは、マイクロソフトから公開されている修正ツールを利用しよう。 エラーコードが0x80073712や0x800705B4、0x80004005、0x8024402F、0x80070002、0x80070643、0x80070003、0x8024200B、0x80070422、0x80070020の時にはリカバリーできるし、これら以外のエラーにも役立つ。

ファイルを実行する

ウィザードに従って進める

 まずは、マイクロソフトのサイトにアクセスし、Windowsのバージョンを選ぶ。すると、対処法が表示されるので、「Windows Update トラブルシューティング」のリンクをクリック。「latestwu.diagcab」がダウンロードされるので、ダブルクリックすると、「Windows Update コンピューターの問題の防止とトラブルシューティング」ウィザードが起動する。

「管理者としてトラブルシューティングを実行する」をクリックする

解決策が表示される。問題がなかったり、原因を特定できなかった場合はこの画面が表示される

 後は、画面の指示に従って進めていけばいい。1度目で解析できなかった場合は、管理者アクセス権限を利用してもう一度実行するように促される。


これでズバッと解決!

 マイクロソフトのサイトから、Windows Updateのエラーを解消するツール「latestwu.diagcab」をダウンロードし、実行する


 Windows 10探偵団は毎週、月・水・日に更新します。お楽しみに!


この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう